相互共存と独立性の幻想

Interbeing and the Illusion of Independence

Stacks Image 2580
BRIAN COVERT
Kawanishi, Japan
2018年3月21日  春分

私たちひとりひとりは、互いに切り離され、孤立した存在であり、誰にも何にも頼らずに生きていくことは、この現代世界において最も現実離れした考え方です。

私たちが作り上げてきたこの世界では、このような馬鹿げた考え方による具体的な影響がすでに現れ、世界は、争い、困難、衝突、分裂、疑念で溢れています。それでも尚、私たちは自然からも、互いからも、そして命そのものからも依存していないという錯覚の中で暮らしています。

ベトナム人僧侶、教師、哲学者である、ティク・ナット・ハンは私たちのいるこの錯覚状態と正反対の考え方を説いてきました。それは「interbeing」(インタービーイング「相互共存」)という考え方で、すなわち、私とあなたは共に存在していて、その間に境界線はなく、私達は相互に関係しながら生きている、というものです。私はあなたのためにあり、あなたは私のためにあるのです。私たちは相互に共存しているのです。これは単純ながら否定できない、核心的な真実です。

この「ライフ・タイムズ」の春の号では、新しく載せた、いくつかの話の中で、この「相互共存」というスピリッツを感じることが出来ると思います。
REVIEWS(レビュー)ページで今回取り上げるのは、最初に、敵意ある世界で自分の居場所を見つけることについて話すティク・ナット・ハンの自叙伝です。次に、自分の芸術によって他者を導き、癒す優れた作曲家による音楽、最後に、人間の調和を祝う宗教音楽フェスティバルのドキュメンタリー映画です。

ARCHIVES(アーカイブ室)では、作家で平和活動家の故小田実の特別インタビューを掲載しています。これが特別である理由は、1960年代から70年代にかけて、主権国家ベトナムに対する米国の戦争に反対する日本の一般市民の声を拾い、表明するのに尽力した人物が小田であったからです。これは、日本の中に「相互共存」という精神が生きている最も良い例でした。

ESSAYS(エッセイ ファイル)には以前に私が報道機関の力について大学のジャーナリズム専攻の学生たちに講演した際のスピーチ原稿が掲載されています。また、BLOG「ブログ」では、迫害されている東南アジアの人々のことを取り上げました。彼らは政府によって「相互共存」の関係を暴力的に拒否され、それゆえに悲劇的な結果に直面しています。

完全独立なるものは、この時代において幻想に過ぎず、それは文字通り私たちを死に追いやるものです。反対に、人は相互共存関係にあるのだということを認めることこそ現実であり、私たちを救うのです。個人として、社会として、国として、全世界として、あらゆるレベルで、選択するのは私たちです。私たちはその選択を迫られているのです。

  • 私とあなたは共に存在していて、その間に境界線はなく、私たちは相互に関係しながら生きている、というものです。私はあなたのためにあり、あなたは私のためにあるのです。私たちは相互に共存しているのです。これは単純ながら否定できない核心的な真実です。
  • I exist and you exist — together. We are alive because there is no division between us. I am here for you; you are here for me. We inter-are. A simple but profound truth that we cannot deny.

There is no greater myth in the modern world than the one that says each of us is separate from another, a whole entity unto one’s own self, and not dependent on anybody or anything else to sustain and nurture us.

And we can also see the tangible effects of this kind of foolish thinking on the world that we have made: a world full of conflict, struggle, strife, disunity and uncertainty. And still we push on, living an illusion of independence from nature, from each other, and often from life itself.

The Vietnamese Buddhist monk, teacher and philosopher Thich Nhat Hanh has promoted a different way of thinking that stands in direct contrast to this illusory state we find ourselves in. He calls it “interbeing”. That is to say: I exist and you exist — together. We are alive because there is no division between us. I am here for you; you are here for me. We
inter-are. It is a simple but profound truth that we cannot deny.

In this new Spring edition of
LifeTimes, that spirit of interbeing can be found in some of the newly published stories you will find on this website. The REVIEWS page this time features reviews of an autobiographical book by Nhat Hanh that speaks of finding one’s home in a hostile world, of music by a master composer who used her art to teach and heal others, and of a documentary film about a sacred music festival that celebrates human oneness.

On the
ARCHIVES page, a very special interview with the late author and peace activist Makoto Oda is republished — special because it was Oda who had helped the common people of Japan to find and express their collective voice of opposition to the U.S. war on the sovereign nation of Vietnam back in the 1960s and 1970s. It was a perfect example of interbeing at work in Japan.

The transcript of a speech I gave to university journalism students some years ago about the power of the news media is featured on the
ESSAYS page, while my new posting on the BLOG page reminds us how a persecuted people in southeast Asia are now facing a violent rejection of their interbeing by a government and the tragic consequences that have resulted.

Total independence is an illusion in this day and age that is literally killing us all, and conversely, embracing
interbeing is a reality that can save us all. The choice is ours to make at every level — personal, societal, national, global — and soon.

Credits

 写真:ブライアン・コバート、
 コバート和美、コバート謙也
 翻訳:吉田由美子

 翻訳/編集:コバート和美
 コンテンツ/デザイン:
 ブライアン・コバート


 Photos: Brian Covert, Kazumi Covert,
 Kenya Covert
 Translation: Yumiko Yoshida
 Editing: Kazumi Covert
 Website contents & design:
 Brian Covert

Any copyright to be claimed for material presented in this website lies with the original creator. All outside material in this website is used only for nonprofit educational and informational purposes, in accordance with the doctrines of Fair Use and Fair Dealing.