What’s New...
2016年 冬号 • vol. 9 no. 4
Winter 2016-17 edition
Beammeupscotty1
Beammeupscotty2
Beammeupscotty3

道しるべと思い出について

Of Milestones and Memories

2016年12月21日 冬至

Stacks Image 38
古い年に別れを告げ、また新しい年がやってくる時期になり、このウェブサイトの冬号を更新し新しい内容を付け加えようと思います。

数年前、私が住む地域の集まりで、米国による、いわゆる「テロとの戦い」 や戦争を引き起こす原因、日本の憲法9条についてスピーチをさせていただきました。今回の
ESSAYS のページには、そのスピーチの全文を日本語と英語の翻訳の両方で掲載しました。これから始まるトランプ時代においては、私の心配は当時よりさらに緊急性の高いものになりそうです。

「古典的」で「精神的」が、今回の
REVIEWS のページを説明する最もふさわしい言葉かもしれません。世界中の多くの人々に影響を与え続ける芸術と宗教界の著名な人物による作品を取り上げています。

ARCHIVES のページでは「権利」(適切か不当要求かに関わらず)に関する古い記事を掘り起こしました。BLOG のページには、石油パイプライン建設をめぐる、アメリカの先住民族であるスタンディングロック・スー族の大規模な抗議行動に関する最近の話題なども含めて紹介します。この聖地を守るため困難に立ち向かう彼らを道義的にも精神的にも誇りを持って支持します。

2016年12月は私にとって特別に意味深いのです。私の人生の新しい時代が始まった、初めての来日からちょうど30年に当たります。先日、アメリカに戻っていた間に30年前に旅が始まったその場所を文字通り踏み、また自分がたどってきた道のりを思い返していました。

アメリカにいる間に、いくつかの都市で、様々な理由から私にとっての個人的な聖地と言える場所を訪れる機会がありました。何十年も会っていなかった友人たちに会って旧交を暖め、関係を回復させました。過去の長い未完成の章に最後のピリオドを打ちました。

ライター、ジャーナリストとして30年間働いてきたこの日本に、内面的に癒され、また具体的に目に見える形で、よみがえったようになって帰って来ました。この個人的な道しるべとなる年に居るべき最適の場所です。
  • …アメリカに戻っていた間に30年前に旅が始まったその場所を文字通り踏み、また自分がたどってきた道のりを思い返していました。
  • …I was able to retrace my footsteps back in time and literally stand at some of the exact spots where this journey began three decades before.
It’s goodbye to the old year and greetings once again to the new year, as we bring you the winter edition of this website and a host of updates and additions.

A few years ago here in my local community in Japan, I gave a speech about the so-called “war on terrorism” by the USA and the war-renouncing clause, Article 9, of Japan’s Constitution. The
ESSAYS page this time features the full transcript of that speech, along with the English translation. With the Age of Trump now upon us, my concerns seem even more urgent than they did then.

“Classical” and “spiritual” would seem to be the best description for the
REVIEWS page this time, featuring the words and works of prominent figures in the arts and religion who continue to inspire so many people around the world.

We dig up some old news articles for the
ARCHIVES page on the issue of “rights” (whether deserved or unfairly demanded), followed up by a couple of BLOG page postings on recent news topics — including the big confrontation over the oil pipeline by the indigenous Standing Rock Sioux nation in the U.S., who, I’m proud to say, I supported morally and monetarily in their struggle to protect sacred lands.

This season is an especially meaningful one for me, with December 2016 marking exactly 30 years since I first came to Japan and began a new phase of my life. During a semi-official trip back to the United States recently, I was able to retrace my footsteps back in time and literally stand at some of the exact spots where that journey began three decades before.

I took the opportunity while in the U.S. to visit places in several cities that were
sacred ground in their own way to me personally for varying reasons. In doing so, I could look up a few old friends I hadn’t met in decades, mend some old fences, repair some burnt bridges, close some open wounds, and put the final period onto a long, unfinished chapter of the past.

I came back home to Japan with a feeling of being healed inside and even tangibly rewarded for more than three decades of work as a writer and journalist. In this personal milestone year for me, it is a very good place to be indeed.

ONE EARTH - ONE FAMILY (一つの地球 一つの家族)

Brian Covert

Kawanishi, Japan

FRONT PAGE:
- 道しるべと思い出について

REVIEWS:

- The Book of Joy
- Land of Gold
- Case of Three Sided Dream

ESSAYS:

- アメリカと日本の憲法9条

ARCHIVES:

- U.S. role in airport
- Standing up for teachers' rights

BLOG:
▶︎
New Media Storyline for MLK (pt. 1 & 2)
- Arigato, Japan, for Thirty Years
- When Johnny Went Marching
Credits
写真:コバート謙也、
毎日新聞社提供
(すぐ上の写真のみ)
翻訳:吉田由美子

翻訳/編集:コバート和美
コンテンツ/デザイン:
ブライアン・コバート

Photos: Kenya Covert;
The Mainichi Newspapers
(above photo)
Translation: Yumiko Yoshida
Translation/editing: Kazumi Covert
Website contents & design:
Brian Covert
Any copyright to be claimed for material presented in this website lies with the original creator. All outside material in this website is used only for nonprofit educational and informational purposes, in accordance with the doctrines of Fair Use and Fair Dealing.