What’s New...
2017年 春号 • vol. 10 no. 1
Spring 2017 • 10th anniversary edition
Beammeupscotty1
Beammeupscotty2
Beammeupscotty3

10年間の道を回想する

A Decade Down the Road

2017年3月20日 春分

Stacks Image 38
このウェブサイトのとても特別な号へお帰りなさい。すなわち、10周年の特別号です。私のこれまでのジャーナリストとしての仕事を人々と分かち合うための手段としてこのサイトを初めて立ち上げたのは2007年春のことでした。

重要なことに、最も良い状態で書いたり編集することを続けていくために私には必要なことがあります。音楽家やアスリートたちがその技術を磨いているのと同様に、鋭い創造力を維持させていくために研ぎ澄まし続けることが、真剣な執筆者や編集者には必要だとかねがね考えています。そうしなければ、怠惰になり創造性を失っていくでしょう。

私の過去の作品を根本的に深く掘っていき、長く埋もれていた作品を掘り出すのに、この春ほど最適な時期はないと思われます。

このウェブサイトの
ARCHIVES ページでは、1981年に私が一番最初に書いたニュース記事を取り上げています。その頃の私は、いつかジャーナリストになることを夢見る若いライターでした。それは地方新聞に書いた記事で、ある身体障害者の男性が人生を諦めることを拒み、立ちはだかる全ての社会の壁を乗り越えようと決意するという内容です。

何年も経って振り返ってみると、この一本の記事がその後私の進むべき道を決めたのだと思いました。私はこの記事を書いたことによって、「社会的影響力を持たない人達の声」になりたい、そのためにメディアの力を活用できるジャーナリストになりたいと意欲がかき立てられました。メディアには、ただ彼らが黙って苦しみ、死んでゆくのに任せるのではなく、彼らの人生経験を幅広い聴衆と結び付けて、この社会の片隅に追いやられた人達を助けることが出来る力があると思ったのです。私は、何年も経った今でも、同じように感じています。

今回の
ESSAYS ページでは、私が初めておこなった講演の記録を伝えています。それは、1989年の春のある夜、大阪で行われました。私は、アフリカの人種的抑圧制度、アパルトヘイトについて話すように頼まれたのです。当時、この問題は毎日のように国際ニュースとなっていました。

私は心のままに率直に話しました。そして、その話は約100名の様々な層の聴衆に好評だったようでした。私はそれまで自分が人前で話すのが上手いと思ったことなど全くなかったのですが、その夜の聴衆を前に話した経験は私をわくわくさせました。そして、私の中にある内なる自信に火をつけました。その後、私は様々な規模の講演会で話す機会に、数多く恵まれました。そして、依頼されれば、めったに断ることはありませんでした。私は講演で話すことを執筆活動の補完として捉えているのですが、私のそのルーツはまさに日本にあり、いつも非常に感謝しています。

REVIEWSBLOGページは、今回は様々な国や文化の女性達にスポットライトを当てています。彼女達は芸能界や社会運動で比類ない影響力を持ち、結果的に世界をより良い場所にしています。これらのページをチェックして、彼女達がどんな人物なのか見てみて下さい。

このサイトを始めたところからこの10年間の道を回想してみて、多くの新鮮な新しいアイデアを発見しました。近い将来にこのサイトに載せることを楽しみにしています。この10年間、このサイトをフォローしてくださった皆さんに、私を勇気づけ、支えていただいたことに心から感謝し、これからも創造の旅を分かち合いたいと思います。あらゆる意味で旅は始まったばかりなのです。
  • 私はこの記事を書いたことによって、「社会的影響力を持たない人達の声」になりたい、そのためにメディアの力を活用できるジャーナリストになりたいと意欲がかき立てられました・・・
  • It motivated me to become a journalist who would use the power of the media to be “the voice of the voiceless”…
Welcome back to a very special edition of this website, indeed — the 10th anniversary edition. It was back in the spring of 2007 that I first got this website up and running specifically as a way to share my past journalism work with people.

But just as importantly, I needed something that would help me keep my writing and editing chops in top form. I’ve always thought that writers and editors who are serious about honing their craft must continuously practice in order to keep their creative mind sharp and in shape, much in the same way, I suppose, that musicians and athletes do with their own skills. Otherwise, you become too lazy and slow, and you lose your creative edge.

So, this spring season seems to be the perfect time to dig down deep into the roots my past work and unearth some of my long-buried artifacts.

The
ARCHIVES page of this website features my very first news article, way back in 1981, as a young writer dreaming of becoming a journalist someday. It was a story for a local community newspaper about a disabled man who refused to give up on life and who made a conscious decision to overcome all of society’s barriers standing in his way.

Looking back many years later, I can see how this one article set a good path for me to follow in the ensuing years: It motivated me to become a journalist who would use the power of the media to be “the voice of the voiceless” — to help the people on the margins of society to relate their life experiences to a wider audience, not just letting them suffer or die in silence. I still feel that way today, many years later.

On the
ESSAYS page this time, I share the transcript of my very first public speech. It took place one evening in Osaka, Japan back in the spring of 1989. I was asked to speak on the apartheid system of racial oppression in South Africa, which at the time was in the news internationally almost every day. My roots of being a public speaker, as a supplement to my writing work, are right here in Japan, something for which and I have always been grateful.

Both the
REVIEWS and BLOG pages this time shine the spotlight on women from different countries and cultures who have made their own unique marks on the world of entertainment and social activism, making the world a better place as a result. Check out these pages to see who they are.

A decade down the road from where this website started, I find myself full of fresh, new ideas and look forward to putting them into place on this site in the near future. And for those who have been following this website these past 10 years, you have my heartfelt thanks for the encouragement and support, and for sharing the creative journey with me so far. In many ways, yes, the journey is just beginning.

ONE EARTH - ONE FAMILY (一つの地球 一つの家族)

Brian Covert

Kawanishi, Japan

FRONT PAGE:
- 10年間の道を回想する

WEB STORIES:

- Fukushima, “Dark Alliance”

REVIEWS:
- The Vandana Shiva Reader
- Spirit
- Buffy Sainte-Marie

ESSAYS:

- Speech on South Africa

ARCHIVES:

- Challenging disability obstacles
- Made in Japan

BLOG:
▶︎
Remembering Judi Bari
Credits
写真:コバート謙也
翻訳:吉田由美子

翻訳/編集:コバート和美
コンテンツ/デザイン:
ブライアン・コバート

Photos: Kenya Covert
Translation: Yumiko Yoshida
Translation/editing: Kazumi Covert
Website contents & design:
Brian Covert
Any copyright to be claimed for material presented in this website lies with the original creator. All outside material in this website is used only for nonprofit educational and informational purposes, in accordance with the doctrines of Fair Use and Fair Dealing.