What's New...
2016年 夏号 • vol. 9 no. 2
Summer 2016 edition
Beammeupscotty1
Beammeupscotty2
Beammeupscotty3

避けられない時間の経過

Inevitable Passages of Time

2016年6月21日 夏至

Stacks Image 38
私たちの人生における、時間の急速な経過、また、避けることのできない変化、たとえば恋愛感情の変化、健康上の変化、政治的な変化、そして私たち自身の寿命の変化をこの夏は思い起こさせます。これらは、今号のこのサイトに新しく追加した項目共通のテーマです。

英雄的なボクシングの偉人、モハメド・アリの死が、先日、大きく報じられ、世界中で多くの人々が追悼しました。今回、
BLOGのページでは彼と彼が残したものについて、私自身の尊敬を込めて書きました。

ARCHIVESのページには、もう1人のボクシングの英雄、シュガー・レイ・レナードについてのアメリカ在住時の新聞記事を日本語に訳して掲載しました。また、日本の「一匹狼」の官僚(非常に希有な存在です)について、日本の新聞に書いた記事を掲載しています。

その人の残したものが年々偉大に思える人物の一人にジャズ・サックス奏者で作曲家でもあるジョン・コルトレーンがいます。今号の
REVIEWSのページではコルトレーンの最高作とも言える『至上の愛』について書かれた本の批評を掲載しました。これ以外にも、グローバル・ミュージックの作品、また、近代の音楽の2人の巨星のよる精神性の高いコンサート映像に関するレビューも掲載しています。

日本では、数年ほどおきに、外国人労働者を本当に必要とするかどうか、そして、外国人が来日し、生活し仕事をしていることについて、どうするべきなのかが国中で話題になっているように思います。しかし、すべての外国人労働者が突然、本国から呼び戻され、一度に離日してしまったら、日本社会はどうなるでしょうか。

風刺とパロディは、作家としての私の好むものではありませんが、私が抵抗することができなかったのがこの話題です。 数年前に書いた、しかし(いくらかありがたいことに)今まで他のどこにも出版されなかった私の作品については、
ESSAYSページを参照してください。最初にその作品をここでお読みになることができます。

人生がいかに短く、そして過ぎていく毎日がいかに貴重か。今、謳歌し、それが永遠に続くように捉えていることが、あたかも当然のように思っていても、人生は一瞬で変わってしまいます。時間は誰をも待ってくれません。そして、遅かれ早かれ、避けることができない時間の変化はやって来ます。私たちはその準備ができているのでしょうか。
  • 人生がいかに短く、そして過ぎていく毎日がいかに貴重か。今、謳歌し、それが永遠に続くように捉えていることが、あたかも当然のように思っていても、人生は一瞬で変わってしまいます。
  • How short life is and how precious each passing day is — our lives can change in a flash yet we take it all for granted, as if we’ll be around forever to enjoy things just the way they are….
This summer brings to mind for me the rapid passing of time, and all the changes in our lives that such a passage inevitably brings: love changes, health changes, political changes, and yes, even changes in our own mortality. All of which leads us into the common theme of the newest additions to this website.

At press time, the big news was the passing of boxing great Muhammad Ali, who often seemed bigger than life itself. His death has drawn mourning around the globe, and on the
BLOG page this time I check in with my own respectful reflections on the man and his legacy.

Added to the
ARCHIVES vault this edition are a Japanese translation of a U.S. newspaper article I wrote some years back about another boxing hero, Sugar Ray Leonard, as well as a Japanese newspaper article on a “maverick” bureaucrat in Japan (truly a rarity).

One person whose legacy seems to grow ever larger with each passing year is the late jazz saxophonist and composer John Coltrane. A book on Coltrane’s seminal work of music,
A Love Supreme, is the subject of a critique on the REVIEWS page in this website edition. You’ll find a couple of other new reviews there as well: about a new, global music recording and a spiritually oriented concert film featuring two giants of modern music.

Every few years or so in Japan, it seems a national conversation arises about whether or not the country really needs foreign workers and what should be done about the increasing influx of those pesky foreigners coming to live and work here. But would happen over time to Japanese society if all the foreigners who call Japan home suddenly just up and left the country one day?

Satire and parody are really not my thing as a writer, but this topic I just couldn’t resist. See the
ESSAYS page for a piece of mine that was written a few years ago, but which (somewhat thankfully) has never been published anywhere else up to now. You get to read it here first.

How short life is and how precious each passing day is — our lives can change in a flash yet we take it all for granted, as if we’ll be around forever to enjoy things just the way they are. But time, as they say, waits for no one, and sooner or later those inevitable passages catch up with us all. When they do, will we be ready?

ONE EARTH - ONE FAMILY (一つの地球 一つの家族)

Brian Covert

Kawanishi, Japan

FRONT PAGE:
- 避けられない時間の経過

REVIEWS:

- A Love Supreme
- Sing Me Home
- Santana & McLaughlin live

ESSAYS:

- The Day the Foreigners Left

ARCHIVES:

- 元ボクサー レナードは語る
- Maverick bureaucrat

BLOG:
▶︎
"Dark Alliance" (3)
- "Dark Alliance" (2)
- "Dark Alliance" (1)
- Presidential Election Blues
- A Pardon for Peltier
- American Dream…
- POTUS Comes to Hiroshima
- Peace Be to Brother Ali
Credits
写真:コバート謙也、
毎日新聞社提供
(すぐ上の写真のみ)
翻訳:吉田由美子

翻訳/編集:コバート和美
コンテンツ/デザイン:
ブライアン・コバート

Photos: Kenya Covert;
The Mainichi Newspapers
(above photo)
Translation: Yumiko Yoshida
Translation/editing: Kazumi Covert
Website contents & design:
Brian Covert
Any copyright to be claimed for material presented in this website lies with the original creator. All outside material in this website is used only for nonprofit educational and informational purposes, in accordance with the doctrines of Fair Use and Fair Dealing.