果てなき現代のシルクロードを行く

Traveling Down the New Silk Road

Stacks Image 2580
BRIAN COVERT
Kawanishi, Japan
2018年6月21日  夏至

最近の最大のニュースは、ここ極東アジアの、私がたまたま暮らす場所の隣国で起こっている事柄です。冷戦時代の最後の残骸が消え失せ、待ち望まれた北朝鮮との緊張緩和が前進しています(少なくとも今のところは)。私たちはすぐそばで起こっているこの状況に、慎重にではありますが、希望を抱いています。

何世紀も前、アジア、アラブ、アフリカ、ヨーロッパを結び付けた東洋と西洋の国々の間に一連の絹貿易の道が存在しました。この道は世界地図を一変させ、今日の国際社会の基礎を築きました。

これらの様々な陸と海の道は総称して「シルクロード(絹の道)」と呼ばれ、貿易は未知の土地、新しい文化、新しい人々への扉を開く方法でした。良くも悪くも、地球に住む人間たち(つまりは私たちです)は急速に互いに知り合うようになりました。しかし、世界はシルクロードの当時と決して同じままではありません。

私たちは昔のシルクロードの古びて色あせた地図に従って進んでいるように思えますが、その地図は常に21世紀の近代的でハイテクの時代に合うように描き直されています。朝鮮半島で起こっている最近の状況はその良い例と言えるかもしれません。今日では、シルクロードのいにしえの貿易路は、地球全体に広がっているのです。

一方、有名な音楽家で作曲家のヨーヨー・マは、数年前に古代シルクロードに位置する国々から伝統的な音楽家たちを集めて、それぞれが違う個性を持つ実験的バンド「シルクロード・アンサンブル」をまとめあげました。これは一重に、彼が人類の歴史における絆をよく理解していたからでしょう。その後のことはご存知の通りです。「レビュー」で今回詳しくご紹介します。
今年の初め、ヨーヨー・マはスイスのダボスで行われた世界経済フォーラムの会議で、出席していた実力者たちに
公開書簡を提出しました。マは書簡で今日の危険な程に分断されバラバラになった世界について訴えました。「もし私たちの進歩が私たちの価値観を超えてしまったら、私たちは地図もなしに前進してしまい、前例のない一歩を踏み出し、自分たちの人間性を失うという危機に立たされていることに気付くでしょう」そして「文化、特に音楽を共有することは地球上の様々な人々をより親しくさせるために非常に重要なのです」と、彼は語りました。

今は亡き作家であり活動家の小田実氏もまた彼の多くの執筆と社会活動を通して東洋と西洋の境界線をまたいできました。11年前に彼が亡くなった直後に出した記事で私は彼に敬意を表しています。今回の「エッセイ ファイル」でその記事をチェックしてみて下さい。

南アフリカは私がいつも心を寄せているアフリカ大陸にある国です。今回の「レビュー」と「アーカイブ室」の両ページを見ていただければ、その理由がお分かりになるでしょう。

また、北朝鮮の進行中の状況と同国の国際社会への再統合の可能性は間違いなく今後のニュースの見出しを占め続けていくでしょう。

世界中の人々が過去を振り返り、悲劇と勝利の両方において人類の歴史から教訓を学ぶことは賢明なことでしょう。結局のところ私たちは今もなお、昔のシルクロード(絹の道)を舗装しなおした新バーションを旅しているのです。しかし、その曲がりくねった道が将来どこへ進むのかは分からないのです。

  • 私たちは昔のシルクロードの古びて色あせた地図に従って進んでいるように思えますが、その地図は常に21世紀の近代的でハイテクの時代に合うように描き直されています。
  • It seems to me that we are still following the ancient faded maps of the old Silk Road, but constantly redrawing the lines on those maps to fit the modern, high-tech times we live in today in the 21st century.

The biggest news story these days is taking place right here in Far East Asia, the part of the global neighborhood where I happen to be living. The last remnants of the Cold War years are falling away at last, and a long-awaited détente with North Korea is moving forward (for now at least). We are hopeful, though cautiously so, for what lies around the corner.

Many centuries ago, there existed a series of silk-trading routes between the countries of the East and the West that linked Asia, Arabia, Africa and Europe together — forever changing the map of the world and laying the foundation for the modern civilizations we have today in the international community.

Through these various land and sea routes, known collectively as the “Silk Road”, mutual commerce was a way to open doors to unknown lands, new cultures, new peoples. For better or worse, the human inhabitants of Planet Earth (that means us) were rapidly getting acquainted with each other. The world would never be the same after the Silk Road.

It seems to me that we are still following the ancient faded maps of the old Silk Road, but constantly redrawing the lines on those maps to fit the modern, high-tech times we live in today in the 21st century. The current situation unfolding on the Korean peninsula would be a good example of that. Today, the old trade routes of the Silk Road span the globe.

Renowned musician and composer Yo-Yo Ma, for his part, seems to have understood well the bonds of human history when he gathered together some years ago a disparate band of traditional musicians from countries along the ancient Silk Road trade routes for an exploratory, experimental group he called the “Silk Road Ensemble”. The rest, as they say, is musical history. I invite you to read all about it on the
REVIEWS page this time.

Earlier this year, Yo-Yo Ma
posted an open letter to the influential movers and shakers who were then meeting at the annual World Economic Forum in Davos, Switzerland. Ma reminded them that we live today in a fractured and dangerously divided world. “If our progress outpaces our values,” he said, “we risk hurtling forward without a map and finding ourselves at a precipice where we have made unprecedented strides, but have lost sight of our humanity”. The sharing of cultures, especially music, he said, is critically important for bringing the many different peoples of the planet closer together.

The late author and activist Makoto Oda of Japan also straddled the lines between East and West in his many writings and social activism, and it was to him that I paid tribute in a journal article published just after his passing 11 years ago. Check out that article on the
ESSAYS page this time.

South Africa is a country on the African continent that is never far from my thoughts and my heart, and in both the
REVIEWS and ARCHIVES pages this time, you can find out why.

Meanwhile, the ongoing situation with North Korea and its possible “reintegration” into the global community of nations will no doubt continue to occupy the news headlines for some time to come.

As it does, the rest of us out here in the world would be wise to look back on the distant past and learn from the lessons of our shared human history, both the tragic and the triumphant. For after all, we are still traveling today on a newly paved-over version of that Silk Road of old, and there is no telling just yet where that twisting, curving road will take us in the future.

Credits

 写真:ブライアン・コバート、
 コバート和美、コバート謙也
 翻訳:吉田由美子

 翻訳/編集:コバート和美
 コンテンツ/デザイン:
 ブライアン・コバート


 Photos: Brian Covert, Kazumi Covert,
 Kenya Covert
 Translation: Yumiko Yoshida
 Editing: Kazumi Covert
 Website contents & design:
 Brian Covert

Any copyright to be claimed for material presented in this website lies with the original creator. All outside material in this website is used only for nonprofit educational and informational purposes, in accordance with the doctrines of Fair Use and Fair Dealing.