日本の良心
(THE CONSCIENCE OF JAPAN)

長崎市長の本島等氏は、日本の政治家達を怒らせる傾向を持っている。特に第二次世界大戦の災禍に対する前天皇ヒロヒトの責任について言及した1988年12月の彼の公式のコメントは、各方面から非難の声を呼び起こしている。極右からは反逆者として死を宣告され、長く党員であった自民党からは追放され、日本共産党からは非難された。1990年1月18日には、右翼の狙撃者が、長崎市役所から出てきた本島市長を、天皇に関するコメントへの「天罰」として、背後から撃った。市長はその後も自らの思いを発言し続け、狙撃者は12年の刑に服している。

本島市長が、日本で最も論争の的になっている市長であることに疑いの余地はない。この国の公務員の姿からどんなに想像力をたくましくしても、彼には結びつかない。自分自身について彼が語る時も、論争の的の市長という言い方をしている。しかし、日本の公務員の多くが言及するのを避ける平和運動や人権問題へも、彼は勇気ある発言をしている。このことからも彼にもっと相応しい呼び名は「日本の良心」というものかもしれない。

本島氏は1922年2月20日に生まれた。幼くして両親をなくし、祖父母に育てられた。神道が勢力をもっていた時代に、敬虔なカトリック信者として教育されている。彼が初めて自分は周りの人と違うということに気づかされたのは、戦時中,帝国陸軍の兵隊として従軍した時であったという。1945年の8月9日からいくらも経たないうちに長崎に帰り、悲劇を目撃した。高校の教師をしていたが、1959年に長崎県議会に初当選している。

1979年、彼は市長に選ばれた。長崎市は世界に知られる平和公園と原爆記念館を維持し続けているが、その町で、原爆とその犠牲者の記憶を風化させないと誓っての当選であった。長崎の平和公園は(広島市のそれと違って)、韓国人の原爆被害者を追悼している。毎年、本島市長は長崎の原爆記念日に公式のアピールで日本の良心に訴え続ける。原爆の惨事がおこる前、我々の愛する祖国は圧政者であったと。日本の受けた被害ではなく、韓国をはじめアジアの戦争被害者の苦しみに重点をおいたアピールである。

こうした微妙な問題について、大阪在住のフリーランスジャーナリスト
ブライアン・コバートが独占インタビューをおこなった。インタビューの相手は「日本の良心」である。

◉ ◉ ◉


——まず、第45回長崎原爆記念日に、あなたが出された公式の最も新しいアピールについてお尋ねします。日本人以外の原爆犠牲者に日本政府は補償の手を差し伸べることと、同時に彼らに謝罪することを盛り込んでいますが、なぜ、こうしたことを述べようと思ったのですか。

きわめて自然なことを述べたと思っています。日本人以外の犠牲者という場合、特に南北朝鮮の人々を意味しているのです。1910年に朝鮮を併合して以来35年間、日本は朝鮮の土地を奪い、朝鮮語を話すことを禁止し、日本名をつけることを強要した。そればかりか、日本の神社参拝を要求し、強制的に朝鮮人を日本に連行し、あげくの果てに朝鮮の女性を日本軍兵士相手の慰安婦として戦場に送り出した。日本人はひどく残酷で、朝鮮人を人間と思っていなかったのです。日本に無理やり連れて来られた朝鮮人は原爆によって負傷したり、亡くなったりしている。そんな人々に対し、日本政府が補償したり、謝罪をしたりするのは、当たり前ではないでしょうか。

——あなたは日本帝国陸軍に従軍したことがあります。なぜそうしたのでしょう。それから、全能の天皇の名のもとで行われている戦争に、敬虔なクリスチャンとして従軍するということについて、当時どのように感じていましたか。

日本には当時、徴兵制度がありました。私は21歳で砲兵として入隊しました。軍隊に入ることは私たちの義務の一つだったのです。しかし、実際には海外での戦闘経験はありません。私は内地に配属されたからです。その頃、よく聞かされたのは、私にとってどちらが大事かということだった。つまり、天皇とイエス・キリストのいずれを選ぶのかという訳です。(両方大切だと答えたら)ひどく殴られたものです。兵隊の時代はつらかった。

——あなたの友人や同僚の多くが、第二次世界大戦で戦い、生命を捧げています。もしも、あなたが当時、実際の戦闘に参加し、敵を目の前にしていたら、どのようにふるまったと思いますか。

もちろん、他の兵士と同様のことをしたでしょう。戦場は人を異常な状況に追い込むものです。私の良心も麻痺して、異常なことをするのをためらったりはしなかっただろうと思う。

——難しいことだとは思うが、原爆が投下された直後に長崎に帰り、目撃したことを話してもらえるでしょうか。

私が帰ってきたのは、原爆投下約6週間後でしたが、何ひとつ見慣れたものは残っていなかった。浦上カトリック教会と、長崎大学医学部、そして小学校の校舎が二つ、残っていただけでした。完全な廃墟だった。山にもどこにも見渡す限り緑はなく、本当に・・・何と言い表したらいいか・・・残虐なことが行われたのです。原爆が投下された直後には、人間も動物も身体がばらばらに飛び散ったのだという。身の毛もよだつ光景だったに違いないと思いました。

——第二次大戦も冷戦も既に過去のものだ、なぜ、そっとしておかないのか、という人々もいるようですが、どのように答えますか。

過去から未来へより良い道を歩んでいきたいという人々は、歴史の真実というものを次の世代に伝えていかねばならない。それが私の信念です。

——天皇について直接、あるいは深く立ち入ったことを話さないという条件で、あなたはこのインタビューを受けられました。その理由を聞かせてもらえますか。

ひとつは、日本人の心情からくる問題です。日本人は、自分の信念が正しいか正しくないかは別にして、それについて問いただされることを好まない。と同時に、おのれの信じるところ、考え方を確固として貫くのもまた、日本人の国民性です。だから、何度も同じことを聞かれるのは、その考え方が間違っているか、今もそういうふうに考えているかは別にして、侮辱されているような感じがするのです。

もうひとつは、マスメディアが(天皇に関するコメントで)私を英雄に祭り上げてしまったからです。私は普通の市民に戻りたい。だから私は、当たり前のことを繰り返して言うことは差し控えたいと思うのです。

——私はどんな形にしろ、あなたを侮辱する気などありません。

私が言いたいのは、既に何度も、何度も聞かれた質問を、改めて聞いてもらいたくはないということ。私たちは共に責任のある立場にいる。それに、天皇に関するコメントはごく最近のものです。この件に関しては、私に聞かなくても、十分追求できるはずです。

——では、次の質問に移ります。あなたが撃たれ、命を失いそうになった日、どのように感じ、何を考えたか教えてください。

今までもそのように答えてきたのだが、初めは、これで死ぬのだと思った。狙撃の1年前から、殺されるかもしれないが、準備は出来ていると考えていました。年に不足はないし、妻子のことも心配ない。古いキリスト教の考えかたをしているから、死ねば天国に行くのだという希望を持っている。だから撃たれた時も、貧しい人や困っている人のために、私は神がそうしろとおっしゃったことをしてきただろうかということを考えていました。イエス・キリストの十字架を、どれほど実践してきただろうか、神の前に、罪をどれだけ真剣に悔悟してきたか、そんなことを考えていました。

——あの出来事はあなたを変えたでしょうか。あれで、あなたの日本の歴史に対する認識や(天皇に関する)意見は変わったでしょうか。

特に何も変わったことはありません。

天皇の戦争責任に関する私の言葉以外にも、狙撃の理由はありました。私は長崎市にもっと多くの外国籍の人を雇うように提案していた。日本政府は職種によって外国人雇用に制限を設けているのだけれども。私のこのことに対する実践は広く新聞で知られていたのです。二番目に、ミスコンテストに反対だと公言していた。あれは、女性への差別であるから。三番目に、アジアからの難民をお荷物のように扱ってはならないとコメントしていた。彼らは、例えば食べ物が十分にないということも含めた人権が何らかの形で侵害されていたから、日本にやってきたのだから。迷惑だからと追い返したりしてはいけないのです。それからまた、日本政府は大戦時の南北朝鮮の実際の状況を調査し、謝罪と補償をおこなうべきだということも発言していました。このようなことを次々に言ったために、撃たれたのではないかと思っています。

——あなたの発言をもっと穏当なものにしようと、あるいは黙らせようと、自民党はどんな圧力をかけてきたのでしょうか。もうひとつ、東京からの経済的援助という意味で長崎はなにか制裁を受けたのか知りたいのですが。

影響力のある政治家、例えば前副総裁の金丸信、当時の内閣官房長官安倍晋太郎といった人達が、私の言動を批判していることはよく知っています。私は自民党長崎支部の顧問を除名されてもいました。支部のメンバーの中には直接、市役所にやってきて私に抗議するものもいたものです。自民党の屋台骨である保守層は、電話をかけてきたり、手紙をよこしたりしました。その他にも間接に色々な個人やグループから、抗議を受けました。

政府からの経済的な援助という点については、我々が受け取るのは平等に分配された補助金であるから、よくわからない。しかし、(例の発言のせいで)政府は長崎市に十分な助成金を出さない、あるいは出さないように努力するだろうと述べた長崎選出の国会議員がいるとは聞いている。

——第二次大戦について発言することは、あなたが味わった苦しみに値する価値があるのでしょうか。

日本が信頼に足る国になりたいのであれば、こうしたことが必要なのです。私が発言したようなことを、もっと多くの人が言っていくべきだと思う。そして、もっと開かれた雰囲気を日本中に作りだしていかなければならない。そうすることで、日本は世界に受け入れられていくのです。

——長崎市長として自分をどのように評価していますか——長所と短所を含めて——

この4月で市長として12年を過ごしたことになる。間違ったこともしたし、誤りを犯したこともあった。例えば、新聞にも出たような、私企業から金を受け取ったというようなことです。だから私は完全な過去をもっているわけではありません。

社会主義に理想を見出していた時期もあったが、継続的なイデオロギーを持ち続けているわけではない。勇敢でもないし、全く普通の人間なのです。なぜこんな風に扱われるようになったのか、私には全く分からない。

——一般的に言って、日本がこのように発展した段階で、天皇は必要なのでしょうか。もし必要だとしたら、現在そして将来において天皇はどのような役割を果たせば、日本に最もよく貢献することになるのでしょう。

日本国憲法99条に、天皇又は摂政,公務員は憲法を尊重し、擁護する義務をもつと記されている。従って私もまた、憲法を尊重する義務を負っているのです。そうした義務を負っているということは、象徴としての天皇に礼節を保たねばならないということ。私はこれ以上のことを言うつもりはありません。私のただ一つの希望は、象徴としての天皇に、新しい時代に相応しい生活を送ってもらいたいということです。

キリスト教には十戒があって、有名な映画にあるように、シナイ山頂でモーセによって神から伝えられた。これはキリスト教の基本のひとつで、ユダヤ教に由来している。第一の戒律は「私があなたの神であり、私以外に神をもってはならない」というものです。つまり、キリスト教においては、唯一絶対の神がいて、それ以外に神はない。これが、私たちが従っているルールです。

——言い換えれば、天皇が神であることは考えられないということですか。

そうです。

——最後の質問ですが、長崎の遺産をどのように考えていますか。あなたの町とその人々を世界からどのような形で記憶されたいと思っていますか。

軍備をもたない平和が理想です。長崎は二つのことをアピールしている。まず、長崎が核戦争によって破壊される最後の都市であるべきだということ。もうひとつは、恒久平和こそが、子孫に手渡すことができる人類の唯一の遺産なのだということです。

このインタビューの英文原文へ