featured essay
小田さんの素晴らしい大家族
『環』
2007年
小田さんに大きな影響を受けたと言う人は数知れない。彼等が小田さんについて語る時、多くの人が、ただ小田さんについていくのではなく、小田さんの呼びかけに応えて、自分にできる方法で実際に行動する事を学んだ、と言う。そのように小田さんに影響を受け、行動を起こした人々は、大きな意味で小田さんの家族と言ってよいのではないかと思う。

1980年代の半ば、初めて日本にやって来て新聞記者として働き始めた頃、私は小田さんのことを知った。ずっと、小田さんに会って話を聞きたいと思いながら、なかなか機会はやって来ず、思いはかなわずに時間が過ぎた。

2004年になってようやく、兵庫県芦屋市の山村サロンで開かれた小田さんと、ベトナム戦争に参加する事を拒否した元アメリカ兵との話を聞く会で、私は小田さんに会い、話をする事ができた。

全文を読む・・・

• Index of Past Essays •

show show
APARTHEID IS HERE TO STAY UNDER DE KLERK’S ‘NEW ERA’ | Japan Anti-Apartheid Committee - Osaka newsletter

1989

show show
AN INTERVIEW WITH… VUSI KHUMALO | Japan Anti-Apartheid Committee - Osaka newsletter

1990

show
MANDELA IN JAPAN (part 1) (part 2) | Japan Anti-Apartheid Committee - Osaka newsletter

1990

show
AFTER MANDELA (part 1) (part 2) | Japan Anti-Apartheid Committee - Osaka newsletter

1991

show
日米におけるメディア比較考察 (パート1) (パート2) | speech transcript

1996

show
THE USE OF THE WEB IN INVESTIGATIVE REPORTING (part 1) (part 2) | REALNews webmagazine

1997

show
HIGH DRAMA OF INJUSTICE IN KABUTOYAMA CASE  | Asahi Evening News (unpublished)

1998

show
COMPASSION  | Kansai Time Out magazine

2001

show
WHO WAS MAKIGUCHI?  | The Education Revolution magazine

2002

show
IRAQ WAR CRIMES TRIBUNAL HELD IN JAPAN  | Independent Media Center

2004

show
IRAQIS TESTIFY AT WAR CRIMES TRIBUNAL IN JAPAN (part 1) (part 2)  | Independent Media Center

2004

show show show
AN APPEAL FOR ARTICLE 9  | Independent Media Center

2005

show
AMERICA’S ‘PEACE SOLDIERS’  | アメリカの市民生活』

2005

show
「愛国心」に隠されているもの | 条連ニュース

2006

show
憲法9条に向けたアピール | 条連 近畿 10年の歩み』

2006

show
THE DAY THE FOREIGNERS LEFT (part 1) (part 2) | (unpublished)

2008

show
「戦争する国」アメリカと、日本の憲法9条日本語(English) | speech text

2008

show show
WAR IN IRAQ — ‘We Don’t Do Body Counts’  | Days International (unpublished)

2011

show show
「空飛ぶ恥」オスプレイ | 条連ニュース

2013

show
ONE SIMPLE BREATH  最期のひと息 | A Voice for Animals newsletter

2015