featured essay
日米におけるメディア比較考察
大学での講演
1996年10月17日
米国ではジャーナリズムを権力の抑圧から守ろうとする視点があります。それが必ずしもよいとは限りませんが、それでもやはり日本のジャーナリズムにはそうした視点が欠けていると思います。私たちは出来るかぎり報道の自由を守らなければなりません。しかし日本にはそうした精神が十分にはありません。あったとしても見られません。

しかし、日本のジャーナリズムと米国のジャーナリズムにはスタイルの違いこそあれ、我々ジャーナリストはどの国であれ同じ根底をもっています。我々は同様の義務を負い、政府の政策などにどのように接するかについて同じような態度をとるべきなのです。私が言いたいのは、米国であれ日本であれどこの国のジャーナリストも、それぞれの違いよりも共通点を多く持っているということを覚えておくことです。これは非常に大事なことだと思います。同じルールを持ち、同じ態度をとるのです。

全文を読む・・・

• Index of Past Essays •

show show
APARTHEID IS HERE TO STAY UNDER DE KLERK’S ‘NEW ERA’ | Japan Anti-Apartheid Committee - Osaka newsletter

1989

show show
AN INTERVIEW WITH… VUSI KHUMALO | Japan Anti-Apartheid Committee - Osaka newsletter

1990

show
MANDELA IN JAPAN (part 1) (part 2) | Japan Anti-Apartheid Committee - Osaka newsletter

1990

show
AFTER MANDELA (part 1) (part 2) | Japan Anti-Apartheid Committee - Osaka newsletter

1991

show
THE USE OF THE WEB IN INVESTIGATIVE REPORTING (part 1) (part 2) | REALNews webmagazine

1997

show
HIGH DRAMA OF INJUSTICE IN KABUTOYAMA CASE  | Asahi Evening News (unpublished)

1998

show
COMPASSION  | Kansai Time Out magazine

2001

show
WHO WAS MAKIGUCHI?  | The Education Revolution magazine

2002

show
IRAQ WAR CRIMES TRIBUNAL HELD IN JAPAN  | Independent Media Center

2004

show
IRAQIS TESTIFY AT WAR CRIMES TRIBUNAL IN JAPAN (part 1) (part 2)  | Independent Media Center

2004

show show show
AN APPEAL FOR ARTICLE 9  | Independent Media Center

2005

show
AMERICA’S ‘PEACE SOLDIERS’  | アメリカの市民生活』

2005

show
「愛国心」に隠されているもの | 条連ニュース

2006

show
憲法9条に向けたアピール | 条連 近畿 10年の歩み』

2006

show
THE DAY THE FOREIGNERS LEFT (part 1) (part 2) | (unpublished)

2008

show
「戦争する国」アメリカと、日本の憲法9条日本語(English) | speech text

2008

show show
WAR IN IRAQ — ‘We Don’t Do Body Counts’  | Days International (unpublished)

2011

show show
「空飛ぶ恥」オスプレイ | 条連ニュース

2013

show
ONE SIMPLE BREATH  最期のひと息 | A Voice for Animals newsletter

2015