今こそ「国際」が試されるとき

The Real Test of ‘International’

Stacks Image 2580
BRIAN COVERT
Kawanishi, Japan
2017年9月23日  秋分

ハリケーン、地震、洪水 —— この数ヵ月に、世界中で起こった自然災害のニュースが執拗に繰り返され否定できないものでした。科学者たちが確認したように、気候変動と惑星・地球の6番目の大量絶滅期の始まりが、今私たちに迫っています。

世界の国々が、紛争や戦争、その他の破壊行為を回避する必要な時があるとすれば、今こそ歴史上のその瞬間なのです。地球上で私たち自身と地球上のすべての命を救うという共通の目的のために行動して、手を組んで、私たちが作り出してしまった混乱に対する真の解決策を見つけることを、迅速に行うべきときです。

しかし、我々はすべて逆の方向に向かっているように見えます。戦争は止まる兆候を示さない。世界の難民の数は急激に増加しています。自然の生態系の人間の劣化は驚くほどの速度で続いています。 「インターナショナル、国際」という言葉は、今や中空で偽善的な環を持っているようです。

このサイト、ライフ・タイムズのこの秋号の記事では、この言葉に何らかの形で関係する私自身の過去のニュース記事のいくつかを掲載しています。

1980年代後半にジャーナリストとして働くために日本に初めて来たとき、国際化は国際政治・経済・メディア界の流行語でした。当時は日本のいわゆるバブル経済のピークであり、誰もが望んでいたものを燃やし、買うのに十分なお金がありしかし、誰も本当にこの「国際化」の考え方を定義することはできなかったようです。

それは数年後、1990年代の初めにはに全て変わり、脆弱な計画は全面的に転落し、日本経済が脱線してしまいました。「国際化」のすべての話は、文字通り一晩で消えてしまい、以来ずっと再浮上していません。

しかし、今は「国際」の真の意味を理解し、それに対して積極的に行動する必要が最も必要な時です。地球上で残った私たちの生き残りが、あらゆる面で相互につながり、絡み合っている世界に生きるという真のテストに直面しています。私たちはこの批判的な瞬間の挑戦に浮上するでしょうか。私たちはできないと思いますか、

  • 世界の国々が、紛争や戦争、その他の破壊行為を回避する必要な時があるとすれば、今こそ歴史上のその瞬間なのです。
  • If ever there was a time that countries around the world needed to put aside their conflicts, wars and other acts of destruction, this moment in history is it.

Hurricanes, earthquakes, flooding — the news over the past few months about such natural disasters around the world has been relentless, and undeniable. Climate change and the beginning of the sixth mass-extinction period of Planet Earth, as scientists have confirmed, are now upon us.

If ever there was a time that countries around the world needed to put aside their conflicts, wars and other acts of destruction, this moment in history is it. It will take all the nations of the world, acting together with a common goal of saving ourselves and all life on the globe, to join hands and find real solutions to the mess we’ve made — and quickly.

Yet, we all seem to be going in just the opposite direction. Wars show no signs of stopping. The number of refugees in the world is drastically rising. The human degradation of nature’s ecosystems continues at alarming rates. The word “international” now seems to have a hollow, hypocritical ring to it.

In this autumn edition of
LifeTimes, I share a few of my own past news stories that relate in some way or another to this word, and what it means to me.

When I first arrived in Japan to work as a journalist back in the late 1980s,
kokusai-ka (“internationalization”) was the buzzword in political, economic and media circles. It was the peak of Japan’s so-called bubble economy and there was money enough to burn and buy up anything, anywhere, that anyone wanted. And yet, no one really seemed able to define this idea of “internationalization”.

That all changed a few years later in the early 1990s, when the whole house of cards toppled and Japan’s economy hit the skids. All the talk of “internationalization” literally disappeared overnight, and hasn’t re-surfaced much since then.

Yet, this is the time when we most need to understand what
international truly means and to act positively on that. With our very survival at stake on the planet, we are facing the real test of living in a world that is interconnected and intertwined in every way. Will we rise to the challenge of this critical moment? Can we afford not to?

Credits

写真:ブライアン・コバート、
コバート和美、コバート謙也
翻訳:吉田由美子

翻訳/編集:コバート和美
コンテンツ/デザイン:
ブライアン・コバート


Photos:
Brian Covert, Kazumi Covert, Kenya Covert
Translation: Yumiko Yoshida
Editing: Kazumi Covert
Website contents & design:
Brian Covert
Any copyright to be claimed for material presented in this website lies with the original creator. All outside material in this website is used only for nonprofit educational and informational purposes, in accordance with the doctrines of Fair Use and Fair Dealing.