• 「大阪発」を世界に

    2004年8月25日 新聞及新聞人
    「9月
    NYテロ」「真珠湾」の真相
    「パールハーバーと9−11。60年を隔てた事実と真実にはたくさんの共通点があります。そのとき、戦争のレトリックを市民に与えるのではなく、隠された政府と軍部のつながりを調査することはジャーナリストの責任であり、義務であると思います。アメリカを反面教師とするべきです。」
  • 11/02/1979 12:00

    Your Label

    2004年7月30日 毎日新聞
    反戦の精神、今こそ

    「日本は『交戦権も集団的自衛権も放棄している』と訴え、世界がその方向に向かう外交を進めることが、日本の存在感を高めると思います。」
  • 11/02/1979 12:00

    Your Label

    2004年6月 大阪民主新報
    「9条守れ」は最優先すべきこと

    「日本は中立的な立場をとるべきであり、アメリカにたいしても、こういうことはしてはいけない、すべきでないといっていかないといけない。何よりも日本とアメリカの市民がもっと平和に向けて一緒に手を取り合っていくことです。」
  • 11/02/1979 12:00

    Your Label

    2004年5月17日 大阪革新懇だより
    貴重な憲法9条
    「日本は9条を大切に保持しないといけないし、できれば、他国にも『輸出』して、みんなに持ってもらいたいです。」
  • 11/02/1979 12:00

    Your Label

    1995年1月 Stage Osaka
    特集:大阪の暮らしと年中行事

    「私は韓国や朝鮮の人たちがたくさん住んでいる鶴橋で一人暮らしをしていたことがあり、友達も多いので「ワッソ」を楽しみにしています。大阪の歴史的な側面からも重要な意味がありますからね。」
    http://www.inochi-life.net/warehouse/profiles/Stage_Osaka_p1-8-rw.pdf,[iframe]
  • 11/02/1979 12:00

    Your Label

    1992年9月 IBC Monthly
    関西人はアグレッシブでアウトスポークン
    「アメリカでは日本といえば東京である。『京都はともかく、大阪は知られていません。自分が記事を書くことによって、大阪を知ってほしい。そんな思いで発信しています。』」
  • 11/02/1979 12:00

    Your Label

    1989年6月6日 日本経済新聞
    「大阪発」を世界に
    「『外国人記者団が、関西新空港に飛来する一番機の搭乗客に含まれるなら、僕もぜひ。』という。そして『僕にはその資格があるんだ』と言い切る。その断定的な物言いに、大阪発のニュースを諸外国に向かって打電し続けてきた男の意地をかい間見る。」