books
Stacks Image 20902
THE PLOT TO KILL KING: The Truth Behind the Assassination of Martin Luther King Jr.
Dr. William F. Pepper, Esq.
Skyhorse Publishing 2016
現代世界史に最も影響を与えた著名人の一人、マーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師は1968年に暗殺されました。その暗殺についてアメリカ政府が公式に発表した文章は次のようなものでした。

「これは凶悪犯、ジェームズ・アール・レイが正気を逸した人種差別者の精神状態の中、単独で犯した犯行である。レイは全米中をキング氏に執拗に付きまとい、1968年4月4日、テネシー州、メンフィス市の南部の街で、広い通りを隔ててキング氏の頭をライフルで狙い澄まし、一発で死に至らしめたものである。この件には他の犯罪容疑者は一切関与していない。解決済み。」

しかし、人権派弁護士ウィリアム・F・ペッパーが新たに出版したこの本によれば、キング氏殺害の政府公式見解には大きな問題があります。つまりペッパーの本では政府の見解はただの作り話であり、空想に過ぎないとしています。ペッパーはレイやキング氏の遺族の弁護士も務め、著書『
THE PLOT TO KILL KING』(キング暗殺計画)では、その事件の背後にある秘められた衝撃の事実を暴き出しています。ですから、この本は現在のところ、この事件の出版物の中で最も重要な作品だと言えます。

「狂った殺し屋の単独犯行」というキング氏暗殺事件の公式見解は、今では誤りであるとみなされています。それは、ペッパーの一連の捜査と、そして何よりも大きな危険を顧みず、近年、新たな情報を提供した証言者達の勇気のおかげです。彼らの中には黒人も白人もいました。

ペッパーは、この新たなノンフィクション作品を書くにあたり、先に出した2冊の著書『
ORDERS TO KILL』(殺しの命令、1995年)と『AN ACT OF STATE』(ある政治問題、2003年)で調査したことを土台に書き上げていきました。これら2冊の前作ではキング氏が常に連邦捜査局、FBIの厳重な監視下におかれ、暗殺のタイミングを待つ米軍の襲撃部隊にいかに執拗に追いかけられてきたかを明らかにしています。また、米国の様々な階級においてマフィア関連の組織に属するメンバーがこの暗殺でどんな役割を担っていたかを明らかにしようとしました。

では、この最新本では、この暗殺事件について新たにどのような情報を明らかにするのでしょうか。以下に記したものが、そのいくつかです。

● クライド・トルソンは当時のエドガー・フーヴァーFBI長官に仕えたFBI副長官です。(また、クライドはフーヴァーの恋人だと言われていました)彼は、1960年代初頭、メンフィスの地元のマフィアと緊密な関係を保ち、時折メンフィスまで出向き、キング氏暗殺を計画する秘密会議に加わっていました。その秘密会議には腐敗した地元政府の職員や警察官も参加し、この件の関係者が広範囲に及んでいたことがわかります。この秘密会議に参加していたメンフィスのあるマフィアメンバーの、息子が証言者となったことで、この本の中でFBIとマフィアの繋がりが口頭と書面の両方で明らかになっています。

● この本によれば、キング氏を撃った銃撃犯はフランク・ストラウサーというメンフィスの警官で狙撃手として訓練された人物です。このことは、あるメンフィスの元警官が宣誓供述書で述べています。また、この元警官は、当時の事件にストラウサーが関与しているのではないかと疑い、メンフィスのキング氏の側近達に、キング氏がその運命の日、1968年4月4日に射殺されるかもしれないと警告していました。(ストラウサーは今も生存し、メンフィスで暮らしています。ペッパーは実際にストラウサーと会い、その面会の内容もこの本で記しています)

● しかし、実際にキング氏の命を奪ったのは、メンフィスにある聖ヨゼフ病院の主任外科医、ブリーン・ブランド医師だとこの本では述べられています。この病院はキング氏が襲撃されたあとに運び込まれた病院です。キング氏は襲撃された直後、意識がなく、頭にひどい傷を負っていましたが、この病院に運び込まれた時にはまだ息がありました。ある元病院職員の目撃証言によれば、手術室で警官達に付き添われ、まだ生きているキング氏の首から気管内チューブを抜き、枕で窒息死させたのはブラント医師でした。(ブランド医師は
2001年にメンフィスで死亡

また、ペッパーは一章を丸ごと割いて、キング氏暗殺事件における、ある重要人物のことを書います。それはラウル・コエリョという名の移民で、元テキサス在住の自動車工場工員であり、マフィアと関係する銃の密輸入者でした。そして、この人物こそが、キング氏暗殺の容疑者、アール・レイを「(罠に)はめる」役割をしました。謎の多いこのラウルが、ドジで三流犯罪者だったアール・レイを米国やカナダのあちこちで手引きし、1968年4月のメンフィスでのキング氏暗殺の、あの日へと導いていったのです。ラウル・コエリョはこの本が出版された時点で、生存し、明らかにある種の米国政府の保護の下、ニューヨーク州で暮らしていると、ペッパーは記しています。

キング氏暗殺からほぼ50年が経った今、特筆すべきは、キング氏の体内に埋まった弾丸とジェームズ・レイが犯行に使用したとされる銃には全く関連がなかったことです。そして、キング氏の遺族がレイの単独犯行という公式見解を決して信じていなかったというのも、また注目に値すべき事です。つまり、キング氏の家族は全てを話すために完全な裁判を求める被告人、レイを支援すらしてきたのです。そして、レイは裁判で運が向くことがないまま、1998年、獄中で亡くなりました。

キング氏暗殺について、今までに行われた唯一の実際の裁判は1999年の翌年でした。そして、ペッパー自身がその暗殺されたメンフィスという場所で、
キング氏の家族の民事裁判の弁護士を務めました。その際、陪審員達は、実は米国政府の支部が30年前のキング氏暗殺に関わっていた、という評決を出しました。

それにしても、この本は豊かな資料に基づいているので、読み進めるのに、相当な集中力と思考を必要とします。実際、この本の半分以上が本文を裏付ける資料として付随された様々な追加情報なのです。例を挙げれば、証人の宣誓供述書の記録、インタビューのメモ、彼の出した雑誌の記録、そしてやっと日の目を見ることになったキング氏暗殺に関連する古い写真や手書きのメモまで含まれています。

もし、省いた方が良かったと思うものがあるとすれば、各章の始めに章の要約として挿入されている詩の数節だったかもしれません。ペッパーはどうも、冷淡な印象を与えがちな事実に即した本文に何か感情的な色を添えたいと思ったようです。私は詩をこよなく愛していますが(このウェブサイトの詩の頁を見て頂ければお分かりになると思います)このような類の調査を重ねて書かれた内容に詩を用いるのは水と油のような印象を与えると思います。つまり、それらは決して混ざり合わないものなのです。

ペッパーは、この本全体を通して、この事件には陰謀があったことを強く主張しています。この本の最後の頁に差しかかる頃には、キング氏暗殺に関与した様々な関係者達による終始の陰謀がもっとよく理解できているはずです。そして、キング氏が1968年の4月の初頭にメンフィスに足を踏み入れたとたん、彼が生きてその地を離れることはほとんど不可能だったのだと、はっきりと分かることでしょう。キング氏は見えざる力の網の目に完全に包囲されていたのです。

過去数十年で、キング氏暗殺の真実が少しずつ明らかになってきました。それは一重に弁護士であり、作家であるウイリアム・ペッパーの功績に他なりません。キング氏が存命だった最後の年に、キング氏と面識が出来たことで、ペッパーはこの事件の裏にある真実を暴くことが自分の使命と考えました。老年となった今、この暗殺についての調査はこれで終わりとし、この件について本を出版するのもこれが最後になるだろうとペッパーは語っています。

1968年にキング氏が暗殺された時、彼は米国での反ベトナム戦争運動の最前線に立ち、ワシントンでの大規模な「
プア・ピープルズ・キャンペーン」(貧困者キャンペーン)のデモを組織していました。それは米国政府が自国の貧困問題に対処せざる得なくなることを願っての運動でした。キング氏は明らかに米国の政治、経済界の権力者達の脅威となり、対処しなければならない存在となっていきました。インドのマハトマ・ガンディーの意思を受け継ぎ、社会経済の正義のために立ち上がった20世紀の非暴力の革命家、キング氏の喪失は長い年月を超えて尚、世界中の人々の心に深く焼き付いています。

来年、2018年はキング氏暗殺から丁度50年です。しかし、キング氏の生と死を回顧するのに、それまで待つ必要はありません。私達は今、彼について知り、学ぶことが出来ます。つまり、この「暗殺計画」は、今月の一冊、今年の一冊というようなものではありません。これはまさに今世紀の一冊といえる作品です。出来るだけ早く、皆が読むべき本です。ただそう勧めるしかない作品なのです。
The United States government’s official version of the 1968 assassination of Rev. Martin Luther King Jr., one of the most influential public figures in modern world history, goes something like this:

A vicious criminal, James Earl Ray, acting completely alone and in a crazed, racist state of mind, stalked King across America until he happened to catch up with him in the southern city of Memphis, Tennessee on 4 April 1968. It was then that Ray shot King to death from across a wide street with one perfectly aimed rifle shot to the head. No other criminal suspects were involved in the assassination. Case closed.

As this newly published book by human rights attorney William F. Pepper shows, however, there is one big problem with that official “theory” of King’s murder: It is pure fiction, pure fantasy. In The Plot to Kill King, Pepper, who has served as the attorney for Ray as well as for the surviving King family, exposes some of the deeper, more disturbing truths behind the assassination of Dr. King, making this the most important book to be published on this subject so far.

Thanks to the serious investigative work done by Pepper — and more importantly, to the courage of witnesses in the U.S., both black and white, who have taken great risks and come forward with fresh, new information in recent years — the official “lone, crazed gunman” theory of the King assassination can now be considered disproven and debunked forever.

This new nonfiction work by Pepper builds upon the investigations of his two earlier books about the King murder, Orders to Kill (1995) and An Act of State (2003). In those two earlier books, Pepper revealed how King, under constant and intense surveillance by the Federal Bureau of Investigation (FBI), was also being stalked by U.S. army sniper teams following him from place to place, waiting for the right moment. Pepper also managed to establish a clear role in the King assassination by members of mafia-affiliated organizations at various levels in the United States.

What new information about the King killing does Pepper reveal in this latest book? Among the many revelations are these:

• Clyde Tolson, the No. 2 man at the FBI who was serving under then-director J. Edgar Hoover (and was said to be Hoover’s lover), maintained close ties with local mafia contacts in Memphis in the early 1960s, and would occasionally travel to Memphis and join in secret meetings where the planned assassination of King was discussed. Also attending those Memphis meetings were some corrupt local government and police officials, showing a wider network of persons involved. Firsthand evidence, both verbal and on paper, of that FBI-mafia connection is provided in this book by a witness (the son of one of the Memphis mafia members) who had sat in on some of those secret meetings.

• The real shooter of Martin Luther King Jr. is named in this book as Frank Strausser, a Memphis police officer and a trained sharpshooter. Evidence of this was given in a legal deposition by a former Memphis police employee who had suspected Strausser’s involvement at the time and who had tried, in vain, to warn someone in the King entourage in Memphis on that fateful day of 4 April 1968 that King might be shot. (Author Pepper actually met with Strausser, who is still alive and living in Memphis, and reproduces in this book a transcript of their meeting.)

• The person who ultimately took the life of Martin Luther King Jr., however, is named in this book as being Dr. Breen Bland, the chief surgeon at St. Joseph’s Hospital in Memphis, where King was taken immediately after the shooting. King was unconscious with a severe head wound but still alive when he arrived at the hospital. According to an eyewitness account by one of the former hospital staff members, it was Bland, accompanied by police officials in the hospital operating room, who removed the oxygen tube from King’s neck while he was still alive and then smothered King to death with a pillow. (
Bland died in Memphis in 2001.)

Equally as important, author Pepper devotes an entire chapter in this book to one important figure in the King killing: an immigrant to the U.S. by the name of Raul Coelho. It was Coelho, a former Texas-based auto factory worker and mafia-connected gun-runner, who served the role of “handler” of James Earl Ray, the accused assassin of King. We see in this book how the mysterious “Raul” guided James Ray, a small-time, bumbling criminal at the time, from place to place in the U.S. and Canada, right up to that day in Memphis in April 1968 when King was killed. Author Pepper notes that Raul Coelho was still alive and living in New York state at the time of this book’s publication, apparently under some type of U.S. government protection.

Nearly 50 years after the King assassination, it is worth noting that there has never been a clear ballistic link between the bullet found in King’s body and the gun that James Ray is accused of using in the killing. None whatsoever. It is also worth noting that the surviving King family members have never believed the official “theory” that Ray acted alone in the killing; the King family even supported Ray, the accused killer, in his demand to have a full court trial to tell everything he knew. Ray died as a prisoner in 1998, never getting his day in court.

The only real court trial ever conducted over the King murder, in fact, came the next year in 1999, with Pepper himself serving as the attorney for the King family in a civil court case in Memphis, the place where Dr. King was killed. At that time, the jury’s verdict was that branches of the U.S. government had indeed been involved in the King assassination three decades earlier.

By any measure, this is a resource-rich book that makes for quite heavy reading. In fact, more than half of the book is made up of various appendices that author Pepper includes as backup material to the main body of the book: transcripts of the depositions of witnesses, notes of interviews, a magazine article he published, and even old photos and handwritten notes related to the King assassination that are now finally seeing the light of day.

If there was thing that I wish could have been left out of this book, it would be the verses of poetry that author Pepper inserts at the start of each new chapter as a kind of chapter summary. Apparently Pepper, as a lawyer, wanted to add some inspired emotional feeling into the otherwise dry, factual text. But poetry? Don’t get me wrong — I’m a lover of the poetic word myself (as you can see by the poetry page on this website). Yet using poetry in a serious investigative work of this sort just comes off as being like oil and water: They don’t mix well together.

Overall, though, Pepper presents a strong case for conspiracy in this book. By the time we arrive at the last page, we understand much better the behind-the-scenes planning by the various parties involved in the King assassination, from start to finish. We can see clearly now that once King had entered the city of Memphis in early April 1968, there was little chance he was ever going to make it out of there alive; a web of unseen forces had him completely encircled.

The truth about the assassination of Martin Luther King Jr. has been coming out in bits and pieces over the past few decades, and no one deserves more credit for that than attorney/author William Pepper. He knew Dr. King personally in the last year of King’s life, and Pepper has made it a kind of personal mission over these many years to investigate the truth behind King’s death. Pepper, now in his old age, says this is the end of his investigation into the assassination and the final book that he will publish on the subject.

At the time of King’s death in 1968, he was standing on the frontlines of the anti-Vietnam war movement in the United States and was also organizing a massive “Poor People’s Campaign” demonstration in Washington DC that he hoped would force the U.S. government to address poverty at home in the USA. He had clearly become a threat to the political and economic powers-that-be in America and had to be dealt with. The loss of King, a nonviolent revolutionary figure of the 20th century who stood for social and economic justice in the tradition of Mahatma Gandhi of India, is still keenly felt by the whole world after all this time.

Next year, 2018, will mark exactly 50 years since King’s assassination. But there is no need to wait until then to reflect upon both the life and death of Rev. Martin Luther King Jr. We can inform and educate ourselves about it today: Simply put, The Plot to Kill King is not the book of the month or of the year — but rather, the book of the century. It must be read by us all, and the sooner the better. I can only urge you to do so.
音楽 music
Stacks Image 20928
THE HOLY GROUND
Mary Black
1993
Stacks Image 22683
SPEAKING WITH THE ANGEL
Mary Black
1999
このウェブサイト『ライフ・タイムズ』の今回の夏号から、特集を始めます。今後、このレビューページで時折、特別なアーティストのレビューを二本立てで取り上げていきます。今回は、アイルランドの最も人気のあるフォークシンガー、メアリー・ブラックが1990年代に出した二枚組アルバムをご紹介します。

最初の1枚は、1993年に出した『
ザ・ホーリー・グラウンド ~聖なる大地~』です。この CD でブラックはヒットチャートを駆け上がり、日本を含む海外へもファン層を広げました。ここで、彼女はミュージシャンとして最高のパフォーマンスをしています。他の作曲家の曲をうまく演奏し、音楽ジャンルの垣根を越え、そうしながらも、自身の音楽ルーツであるアイルランドの伝統音楽に忠実であり続けています。そして、ケルティック精神が CD 全体に織り込まれています。

アルバムにはよくタイトルトラックが入っていますが、メアリー・ブラックはそれを2曲入れています。1曲は『ザ・ホーリー・グラウンド』で、ブラックがアイルランドの古い曲をアレンジしたものです。これは、ある神話上の船乗りのために「今一度聖なる大地を目にするものと」と切望する気持ちを歌った曲です。アイルランド民族音楽バンド、アルタンを立ち上げた、マレード・ニ・ウィニーがゲストミュージシャンとして、この曲のバックヴォーカルを務めています。

ブラックが歌う別のタイトルトラックは『大地の唄』でアイルランド人作曲家のジェリー・オバーンの曲です。この曲を聞くと、 米国に移住した高名なアイルランド系移民の聖パトリック大隊のイメージが心に浮かびます。彼らはアメリカ・メキシコ戦争(1846-48)でアメリカを捨て、メキシコ側としてアメリカ人と戦いました。「そこでは変革の風が遥かに吹いていた/自由と革命の風/誰もが自分の胸に聴いていたようだ/国の鼓動を・・・」

このアルバムのブラックによる様々なカバーバージョンの中で、私のお気に入りは『ドックランド』(上のオーディオクリップにあります)というタイトルのアイルランドの曲です。この曲はバンドのサックス演奏による良いジャズの影響が感じられる箇所が含まれています。悪い状況を脱して、縛り付けている鎖を断ち切り「苦悩を乗り越えて」とブラックが歌うとき、このような感情に私達聞き手の多くは共感するでしょう。

このCDを締めくくるのは、今は亡きアメリカ人ジャズシンガー、ビリー・ホリデーの『ドント・エクスプレイン』のカバー曲です。ブラックのカバーバージョンも良いのですが、私はやはり1940年代に
「レディ・デイ」自身が歌っている、より心に迫るオリジナル版の方が好みです。

次に紹介するのはメアリー・ブラックの2枚目のCD『
スピーキング・ウィズ・ジ・エンジェル』で、ブラックは1999年にこのアルバムでそれまでの10年を締めくくっています。このアルバムはポップミュージックの演奏から離れ、民族音楽の彼女のルーツや伝統的なアイルランド音楽により戻っています。

最初のトラック『ターニング・アウェイ』の始まりのメロディーから、このCDには、アイルランドの雰囲気が感じられ、またレコーディングの音質は以前よりもずっと鋭く、きびきびとしています。また、見た目の点でも、このCDのディスクやライナーノート(解説書)のデザインはずっと良くなっています。

アイルランド民族音楽の復興期の草分け的存在である、ドーナル・ラニーがゲストミュージシャンとして、このアルバムに参加しています。彼は、ギターやブズーキを演奏し、このアルバムの数曲をプロデュースしており、その結果、より優れた作品に仕上がっています。(ラニーは数年前、日本の南に位置する沖縄に住んでいたことがあり、当時、日本発のオルタナティブ・ロックにも良い影響を与えたようです)

アイルランド人が作曲した曲のカバーバージョンがこのCDにはたっぷりと盛り込まれています。例えば、聖歌のような『メッセージ・オブ・ラブ』というタイトルの、テンポが速いソフトロックの曲や、軽快なアコースティックギターのバラッドで、ブラックはくつろいでこれらの歌を歌っているように感じます。このアルバムでペニー・ホイッスルやイーリアン・パイプス(バグパイプ)のような伝統的アイリッシュ楽器が聴けることも優れた点です。

タイトルトラックの『スピーキング・ウィズ・ジ・エンジェル』では、ある障害を持つ子供が、自分の身体や心に囚人を抱えているかのような、また、その子供と神との精神的な絆について書かれた曲をカバーしています。また、このアルバムでブラックがカバーしている中には、親と子どもとの関係についての曲が、いくつか含まれています。ですから彼女は自身のキャリアのこの時点において、自分のやり方で、親であることと向き合っているように思われます。

この12曲のCDの締めくくりは、ボーナス曲である、イギリス人ロックミュージシャン、スティングの『フィールド・オヴ・ゴールド』のカバー曲です。私個人としてはオリジナル版よりもブラックがカバーするこの曲の方が好きです。この曲には確かにアイルランド色が加わってはいますが、よく考えてみると、彼女の歌う全ての曲に純粋なアイルランドの情感を出していくことが、ブラックの強みなのです。

彼女は1990年代にこれら2枚のCDを出したあと、上昇スパイラルに乗り続け、世界中でさらに多くのファンを惹きつけたことでしょう。そして、今日、新しい世紀の初めには、アイルランドの仲間達から高い音楽的尊敬を集め、古代アイルランドの伝統的かつ現代的な音楽に胸を打たれた、全ての人達の心の中にしっかりと根を下ろしています。

ご自身でこのメアリー・ブラックの二枚組の選りすぐりのアルバムをチェックしてみて下さい。そうすれば、音楽があなたをメアリー・ブラックの世界へと連れていってくれるでしょう。
Starting with the new summer edition of this LifeTimes website, we kick off a special feature that you can occasionally look forward to on this Reviews page in the future: a double dose of music reviews by a particular artist. We begin with a pair of albums recorded in the 1990s by that most Irish of popular folk singers, Mary Black.

The first CD we review here, The Holy Ground, released in 1993, found Black rising up the music charts and widening her fan base beyond Europe to other overseas countries, including here in Japan. Black does on this album what she always does best as a musician: interpret other songwriters’ compositions and cross over musical genres, while also staying true to her roots in the traditional music of Ireland and weaving threads of Celtic spirituality throughout.

Albums by musical artists often contain a title track — this album by Mary Black has two. “The Holy Ground (Traditional)” features an arrangement by Black of an old tune in Ireland about a mythical sailor at sea for whom the singer yearns to return to “see the holy ground once more”. Nice backing vocals on this one here by guest musician Mairéad Ní Mhaonaigh, founder of the Irish folk music band Altan.

The other title track sung by Black, “The Holy Ground”, by Irish composer Gerry O’Beirne, conjures up mental images of the famed Saint Patrick’s Battalion of Irish immigrants in the USA, who deserted the American side in its war with Mexico (1846-48) and then fought on the side of the Mexicans against the Yankees: “There the winds of change, they blew so far / Of liberty and revolution / And it seemed that each man heard in his breast / the drumming of a nation…”

My favorite among the various cover versions of songs by Black on this outing is one from Ireland called “Dockland” (featured in the audio clip above), with some good jazz-influenced lines by the band’s saxophone player. Getting out of a bad situation, breaking the chains that bind you and “rising above the affliction”, as Black sings it, is a feeling that many of us listeners can identify with.

This CD closes with a cover of the tune “Don’t Explain” by the late American jazz singer Billie Holiday. Black’s cover version is good, but I still prefer the more heartfelt version of this tune as originally sung by Lady Day herself back in the 1940s.

The second CD by Mary Black that we review here, Speaking with the Angel, finds Black closing out the decade in 1999 with an album that veers away from pop music interpretations and returns more to her roots in folk music and the time-honored traditional music of Ireland.

From the opening strains of the first track, “Turning Away”, there is a more Irish feel to the music on this CD, and the recording sound quality is noticeably sharper and crisper than before. Appearance-wise, the disc and liner notes of this release are much better designed as well.

The presence of guest musician Dónal Lunny — a pioneer of the Irish folk music renaissance scene who plays guitar and bouzouki and produces several tracks here — results in some of the better-sounding tunes on this CD. (Lunny, by the way, lived a few years ago in the Okinawan islands south of the Japanese mainland, and seems to have exerted a positive influence at the time on some of the alternative rock music coming out of Japan as well.)

Cover versions of songs by Irish songwriters fill out most of this CD, both up-tempo soft-rock tunes like the anthemic “Message of Love” and other lilting acoustic guitar ballads, and Black seems right at home in singing them all. It’s great, too, to hear more of the traditional Irish musical instruments like the penny whistle and uilleann pipes (bagpipes) on this album.

And on the title track, “Speaking with the Angel”, she covers a song that seems to be about a disabled child held prisoner in his or her own body or mind, and that child’s spiritual closeness to God. A couple of other songs covered by Black on this album are also about a parent’s relationship with a child, so Black was apparently dealing with parenthood in her own way at that point in her career.

A bonus track — a cover of the song “Fields of Gold” by the British rock musician Sting — rounds out the 12 tracks on this CD, and I find myself liking Black’s cover version of this song over the original. It certainly has a more Irish undertone to it, but then again, bringing out the pure Irish feeling in every song she sings is Black’s forté.

She would continue on her upward spiral after the release of these two CDs in the 1990s, and would go on to draw even more fans around the world. Today, in the early years of the new century, she occupies a place of high musical respect among her Irish peers and a place in the hearts of people everywhere who are touched by the traditional and modern music of her ancient homeland.

Check out this double dose of musical selections by Mary Black for yourself, and let the music take you there too.
映画 film
Stacks Image 20941
RAGA: A Film Journey into the Soul of India
Howard Worth, director
2010 97 min.
WATCH VIDEO • ビデオを見る
Stacks Image 22674
thex Created with Sketch.
1950年代から60年代に、インド人のある若い演奏者が祖国の音楽を欧米諸国に伝えました。それは富や名声のためではなく、古代インドの古典音楽を世界中の聴衆に認めてもらいたいという強い想いからです。

これはその演奏者である、インドシタールの達人で作曲家のラヴィ・シャンカールの映画です。彼はこの力作の冒頭部分で、インド音楽が米国のような国々に暖かく受け入れられているということに実は疑問を抱いていたのだと話しています。

「一体どれぐらい彼らは理解しているんだろうか、そして、この状況はどこへつながって行くのだろうか」とラヴィ・シャンカールは述べています。「何千年もの歴史を持つ、我々インド人の音楽には様々なものが含まれているのです。例えば、寺院で祈る人々、人生の痛みと苦しみ、川の流れる音、永遠に続く詠唱など、そういった様々な事柄が私の演奏や動作全てに含まれているのです」

ともかく、新しい世代は、この音楽に飢えていました。そして献身的なシャンカールのシタールの生徒の一人であった、イギリスのロックバンド、ザ・ビートルズのジョージ・ハリスンの尽力があり、この作品『ラーガ』は1971年に映画館で上映されました。当時、ザ・ビートルズが所有していたレコード会社の支社である、アップル・フィルムズが製作しました。

この映画の吹き替えナレーションを最初から最後まで担当し、内容を語っているのは、シャンカール自身です。この映画で、視聴者は近代インドの、息をのむほど美しい光景と驚くほどの悲劇、そしてシャンカールが各地を旅する様子を知ることができます。特に心を打つのは、シャンカールの遠い昔の音楽の「尊師」と再会する場面です。尊師は年老いて弱ってはいますが、長い時を超えてもまだ尊敬を勝ち得ています。

レコーディングスタジオでミュージシャン達をリードするシャンカール、生徒にシタールの個人レッスンをするシャンカール、フェスティバルやコンサートホールでライブ演奏をするシャンカール、栄誉ある学位を受け取るシャンカール。この映画では、このようなシャンカールの、人として、彼の音楽の、そして彼がインド国内外から受けている賞賛のあらゆる側面を描いています。そして、映画の途中には、もの凄い早さでサイケデリックなモンタージュ映像が流れ、当時、シャンカールを取り巻いていた人気ゆえの凄まじい渦を表現しています。

この映画を観れば、現代音楽の分野においてシャンカールが及ぼした影響がいかに広範囲に広がっていたのかが分かります。例えば、ある若いアメリカ人のシャンカールの生徒が師の栄誉を授かる儀式に同席している場面があるのですが、この青年は
コリン・ウォルコットだったのです。彼はすぐに尊敬を集めるシタール奏者となり、その後、他の数名のシャンカールの生徒と共に、米国のジャズ・フィージョンバンド、オレゴンを結成し、世界中に多くの支持者を得ました。(しかし、ウォルコットはこのバンドのツアー中にヨーロッパで自動車事故に遭い、 輝かしい経歴に悲劇的に終止符を打つこととなりました)

また、忘れてはいけないのは、ジャズミュージック界の大物、ジャズサックス奏者の故ジョン・コルトレーンです。彼は音楽的インスピレーションの源としてラヴィ・シャンカールの名を挙げていました。また彼は、自分の息子にシャンカールの名前をつけています。今日、その息子、
ラヴィ・コルトレーンは親譲りのサックス奏者であり作曲家として国際レベルで活躍しています。

米国の映画監督、ハワード・ワースはこの映画『ラーガ』で、シャンカールの人生と仕事を深い尊敬の念を持って描いていますが、中立であることと、褒めそやすこととの一線はうまくコントロールしています。この作品は堅苦しい、情報の詰まったドキュメンタリー映画ではありませんが、ポップスターを崇拝するミーハーな映画でもありません。そして、中立を保ちつつも、当時恐らく誰にも開かれていなかったシャンカールの生活を垣間見る、ドアや窓を視聴者に対して開放しているのです。

シャンカールが所有するレコード会社「
イースト・ミーツ・ウェスト・ミュージック」が、この映画の再録画のDVDを2010年に発表しています。そのDVDにはシャンカールが書いたライナーノート(解説書)が付いており、また、その購入者には、インターネットから、この映画のサウンドトラックを無料でダウンロードできるという素晴らしい特典もあります。このサウンドトラックは他では手に入れることが出来ません。私はこの映画のデジタルサウンドトラックを iTunes のプレイリストにダウンロードして時々聴いています。このことから、新しい技術によって、古い音楽が敬意を持って世界中の聴衆に伝わっていくのがよく分かります。

この映画の終わりには、1970年代初頭、シャンカールが浜辺を孤独に歩く姿が映り、インド音楽を欧米諸国へ伝えた草分け的存在として感じていたひどいねじれに対し、良くも悪くも、熟考しています。そして、彼は「どういうわけか、私はただ、放っておくことが出来なかった」と述べています。この映画がDVDとして発表された数年後、国内外からの変わらぬ賞賛を受けながら、シャンカールは2012年92歳で他界しました。

ラヴィ・シャンカールは優れたミュージシャン、作曲家、共同制作者、教師として、生涯に渡り音楽の世界を変えてきました。皆さんの世界もこの映画を観ることで変えられる運命にあるのです。『ラーガ』はインドの心と魂へと誘う私的な旅であり、s次はあなたがその旅に出る番です。
A young performer from India brought the music of his homeland to various countries of the western world in the 1950s and 1960s, guided less by fame and fortune and more by a burning desire to have the ancient Indian classical works he had studied become appreciated by international audiences.

That performer was Indian sitar master and composer Ravi Shankar, and this film is his story. Early on in this cinematic tour de force, though, Shankar expresses inner doubts about the warm reception that Indian music had been receiving in countries like the United States.

“…I wonder how much they can understand, and where all this will lead to,” he says. “There’s so much in our [Indian] music that goes back thousands of years. The prayers in our temples, the pain and struggle of life, the sound of the rivers, the timeless chants — so many things that are within me whenever I play, whatever I do.”

A new generation was hungry for this music, in any case, and through the efforts of one of Shankar’s more devoted sitar students, George Harrison of the British rock band The Beatles, this film, Raga, was released in movie theaters in 1971 by Apple Films, a branch of the record company then owned by the band.

It is Shankar who tells the story, providing the film’s voice-over narration from beginning to end. Viewers are treated to scenes of modern-day India, in all of its breathtaking beauty and heartbreaking tragedy, as well as to scenes of Shankar in his various travels. Especially poignant is a segment in which Shankar reunites with his musical guru (teacher) of many decades earlier, who is old and frail but still commanding respect after many years.

Shankar leading a group of musicians in a recording studio, Shankar teaching students the sitar privately, Shankar performing live at festivals and in concert halls, Shankar receiving an honorary academic degree — we see on the screen all facets of the man, the music and the admiration with which he is showered, both in and outside of India. At one point, a rapid-fire psychedelic montage of sound and sights depicts something of the chaotic whirlwind of popularity in which Shankar often found himself at the time.

We get a sense in the film of just how pervasive and far-reaching Shankar’s influence was in the field of modern music. In one scene, a young American student of Shankar’s goes through a traditional Indian ritual in honoring his teacher. I recognized that young man as Collin Walcott, who would soon go on to become a respected player of the sitar; he and a few other students of Shankar later formed the U.S. jazz-fusion band Oregon, which gained a large following worldwide. (Walcott did in a car accident in Europe while on tour with the band in 1984, tragically cutting short a brilliant career.)

It’s also worth remembering that no less than the late jazz saxophonist John Coltrane, a giant in the jazz music world, used to cite Ravi Shankar as a source of musical inspiration. Coltrane named his own son after Shankar, and today Ravi Coltrane stands on the front line of world-class musicians as a saxophone player and composer in his own right.

Filmmaker Howard Worth of the U.S. gives Shankar’s life and work a very respectful treatment in Raga, managing successfully to walk a fine cinematic line between being neutral and fawning over the film’s central character. This is not a stiff, newsy documentary film — but neither is it a groupie-type movie worshipping a pop star. It walks the neutral ground, while also opening for the viewers some doors and windows into Shankar’s life that nobody else seemed to have opened up to then.

The remastered version of this film was released on DVD in 2010 by Shankar’s own music label, East Meets West Music, with liner notes written by Shankar himself. A real treat is the audio soundtrack of this film that the buyer of this DVD can also download from the Internet for free; it is available nowhere else. I have the movie’s digital soundtrack downloaded into my iTunes playlists and listen to it often. This is all a good example of how new technology can be used in a respectful way to pass the traditions of very old music on to new audiences on a global scale.

By the end of the movie, Shankar, shown walking in solitude along a beach in the early 1970s, reflects, for better or worse, on the “terrible distortion” he had encountered as a pioneer in bringing Indian music to the west, saying “Somehow, I simply could not let it go”. Shankar died at age 92 in 2012, a couple years after this film was released on DVD, amidst an outpouring of praise at home and abroad that he had earned many times over.

Ravi Shankar, as a master musician, composer, collaborator and teacher, changed the world of music as we know it in his lifetime. Your world, too, is bound to be changed when you watch this film. Raga, an intimate journey into the heart and soul of India, is now yours for the taking.