テロの終焉、その他の起こりそうにない話

The End of Terror, and Other Unlikely Stories

Stacks Image 2580
BRIAN COVERT
Kawanishi, Japan
2021年12月22日  冬至

2001年、米国は「対テロ戦争」と呼ばれる軍事的かつ政治的国際任務に乗り出した。その帝国主義的な任務のゴールは世界中のテロ行為やテロリストを見つけ出し、一掃するというものである。米国政府の中にはこの新しいタイプの戦争は永遠に続くものだから、私たちはそれに慣れなくてはならない、と言う人たちまでいた。

そのわずか20年後の2021年に「対テロ戦争」は失敗に終わった。米国のアフガニスタンでの戦争の惨敗がはっきりとそのことを物語っている。非公式には「対テロ戦争」はほぼ終結したが、公式には「対テロ戦争」は今後も続いていく。

現在の世界は2001年の時よりも安全なのだろうか。いや、様々な意味で安全ではない。それどころか、世界はパンデミックが猛威を奮っており、以前よりずっと危険で不安定である。違法で不道徳な「対テロ戦争」がもたらした長く暗い致命的な影がこれからも私たちにつきまとうことだろう。

『ライフ・タイムズ』の今季号の
REVIEWSページでは、過去の過ちを忘れない大切さが語られている。今回取り上げるのは、米国の「対テロ戦争」と日本の産業公害による環境破壊である。

ARCHIVESページでは、米国の人種間の対立などのニュース記事に焦点をあてる。一方ESSAYSページでは、中年の節目を迎えた作家(私のこと)の反省点を紹介している。

そして、
WEB STORIESページでは、高齢となり言葉数が減ってしまったが、仏教徒として高名なある賢者の教えに敬意を表している。

「対テロ戦争」の有無に関わらず、私たちの世界が政治の安定、経済的正義、環境バランス、道徳的思いやり、平和を中心に動いていくと期待出来るだろうか。どちらにしても可能性は低いだろう。

それよりも何千年もあとに、この時代を振り返り、なぜ人類はまだチャンスがあった時に、自分たち自身と地球をもっと大切にしなかったのか、と責められる可能性の方が高いだろう。

  • 現在の世界は2001年の時よりも安全なのだろうか。いや、様々な意味で安全ではない。それどころか、世界はパンデミックが猛威を奮っており、以前よりずっと危険で不安定である。違法で不道徳な「対テロ戦争」がもたらした長く暗い致命的な影がこれからも私たちにつきまとうことだろう。
  • Is the world safer today than it was in 2001? In many ways, no, it is much more dangerous and unstable now, especially with the pandemic still going full force. The long, deadly shadow cast by the illegal and immoral “war on terrorism” is likely to be with us for years to come.

In 2001, the United States government embarked on an international military and political mission it called the “war on terrorism”. Its imperial goal: to seek out and wipe out so-called terrorism and terrorists wherever they existed in the world. Some in the U.S. government went as far as claiming that this new type of “war” could last forever and that we all had better get used to it.

A mere two decades later in 2021, the “war on terrorism” has failed. America’s withering defeat in its war in Afghanistan this year clearly shows that. Unofficially, the “war on terrorism” has all but ended; officially, the “war on terrorism” goes on.

Is the world safer today than it was in 2001? In many ways, no, it is much more dangerous and unstable now, especially with the pandemic still going full force. The long, deadly shadow cast by the illegal and immoral “war on terrorism” is likely to be with us for years to come.

On the
REVIEWS page of this edition of LifeTimes, stories are shared about the importance of not forgetting the mistakes of the past — in this case, the USA’s “war on terrorism” as well as the ecocide of industrial pollution here in Japan.

News articles on U.S. racial strife and other topics are shared on the
ARCHIVES page this time. On the ESSAYS page, meanwhile, we are treated to the reflections of a writer (yours truly) on reaching a middle-age milestone.

And the
WEB STORIES page pays tribute to the teachings of a renowned Buddhist sage silenced by old age.

With or without the “war on terrorism,” can we expect political stability, economic justice, environmental balance, moral compassion and peace to reign supreme in the world? Very unlikely either way, of course.

It is much more likely that history will look back on these times many millennia from today and severely question why we as a human species did not take better care of ourselves and the Earth when we had the chance to do so.

Credits

 写真:ブライアン・コバート、コバート謙也
 翻訳:吉田由美子

 翻訳/編集:コバート和美
 コンテンツ/デザイン:
 ブライアン・コバート


 Photos: Brian Covert, Kenya Covert
 Translation: Yumiko Yoshida
 Editing: Kazumi Covert
 Website contents & design:
 Brian Covert

Any copyright for material presented in this website lies with the original creator. No copyright infringement is intended. All outside material in this website is used only for nonprofit educational and informational purposes, in accordance with the doctrines of Fair Use and Fair Dealing.
Stacks Image 2597