報いを受けるとき

When Our Chickens Come Home to Roost

Stacks Image 2580
BRIAN COVERT
Kawanishi, Japan
2020年3月20日  春分

COVID-19という名前で知られている、2019新型コロナウィルス感染症は世界保健機関(WHO)が正式にパンデミックとみなし、今や世界的に深刻な状況に達しています。この感染症による死者数は増え続け、この大流行が引き起こす金融や経済への悪影響は今後何年間にも及ぶことも予想されます。

では COVID-19 は突然起こった予想外の病気なのでしょうか。実はそうではありません。WHO の科学専門家は実際の発生の少なくとも一年前には、今回のような大流行を引き起こす病気の存在を予測していたといわれています。

そして、新しいウイルスが世界中の国々で引き起こしていると思われるすべてのパニックに対して、それらの発生とパンデミックは、人間に直接的な原因があることを覚えておくことに価値があります。

調査ジャーナリストで作家のソニア・シャーは、これらについて非常に詳細に文書化しており、自然ではなく、人間に非難を向けています。

「動物と人間は、さまざまな理由で新しい種類の接触を始めています。最大の理由は、私たちが野生生物の生息地を本質的に破壊していることです」とシャーは
最近のインタビューで語っています。そして彼女は絶対に正しいと思います。動物界からのこのような致命的なウイルスの発生の主な責任を負うのは人間です。

この新型ウイルスは世界中の国々でパニックを引き起こしていますが、私たちが忘れてはならないことは、このウイルスは自然界ではなく人間が引き起こしたのだということです。同じことが気候変動に関連する災害、難民の急増、終わりが見えない戦争や紛争、その他多くの地球規模の問題についてもいえます。

私たち人類がこのすべてを引き起こしたのではないでしょうか。自然界によるものではなく、この美しい地球を守っていくべき立場の私たちが引き起こしたのではないかと思います。私たちはなんと取り返しのつかないことをしてしまったのでしょうか。

さて、今回の『ライフ・タイムズ』春号の
REVIEWS ページで取り上げるのは、いくつかの国々や、とりわけ米国で見られる民主主義システムの喪失についてです。民主主義が無くなったあと、何が残るのでしょうか。

今回の
STUDIO ページは、16年前の日本のテレビ報道を取り上げています。その中で、私はいわゆる「対テロ戦争」についてのインタビューに答えています。しかし、このアメリカブランドの「戦争」が懸念されたその当時から状況はずっと悪化の一途を辿っているように思えます。

日本での教育制度の深刻な問題を受けて、私は20年前に教育の選択肢についてEメールニュースレターを発行しました。そのニュースレターが『ライフ・タイムズ』の今月号で初めてウェブで掲載されました。詳しくは
ESSAYS ページをご覧ください。

またそれほど堅苦しくないものも取り上げています。それはタイ王国、有名ボクサー、そして右派のハリウッド俳優・監督にはどのような共通点があるか、という内容です。彼らについての新聞や雑誌の記事が今回の
ARCHIVES ページでお読みいただけます。

本来ならば、春は再生、復活、生き返りの季節です。しかし、今年の春は、ほぼその反対の状況である、衰弱、破壊、死の季節となってしまいました。なおかつ、これらの世界規模の危機は全て私たち自身が引き起こしたものであり、こうなるまでにいつでも防ぐことができたことが分かっています。

これらのことが私たちに投げかけているのは、報いを受ける覚悟をしなければならないのではないか、ということです。(古いことわざにあるように)因果応報、自分のまいた悪い種を刈り取る時に直面し、いま私たちは何をするのでしょうか。

  • 本来ならば、春は再生、復活、生き返りの季節です。しかし、今年の春は、ほぼその反対の状況である、衰弱、破壊、死の季節となってしまいました。
  • Spring is usually a time of renewal, rejuvenation and a returning to life. This spring almost feels like the exact opposite of that — a season of decay, destruction and death.

The coronavirus disease 2019, better known as COVID-19, has now grown to critical international proportions, with the World Health Organization (WHO) officially designating it a pandemic. The human death toll from COVID-19 is on the rise, and the financial and economic aftershocks from this outbreak will likely continue for some years.

But was COVID-19 really so sudden and so unexpected? No, in fact, it was not. Scientific experts with the WHO foresaw a major disease like this coming at least one year before it actually broke out.

And for all the panic that the new virus seems to be causing in countries around the world, it is worth remembering that such outbreaks and pandemics have direct human causes.

Investigative journalist and author Sonia Shah, who has documented these kinds of cases in great detail, puts the blame squarely on humans, not nature.

“Animals and people are coming into new kinds of contact because of a variety of reasons, the biggest one being that we are essentially destroying so much wildlife habitat,” Shah
said in a recent interview. And she is absolutely right: It is humans who bear the primary responsibility for such deadly outbreaks of viruses from the animal world.

The same goes for climate change-related disasters, the drastic rise in numbers of refugees, seemingly endless wars and conflicts, and a host of other global-level problems.

Our species, the human race, caused them all. Not the natural world, but us — the supposed caretakers and stewards of this beautiful planet. And what a screwed-up mess we have made of it.

Speaking of which, a couple of reviews on the
REVIEWS page in this Spring edition of LifeTimes are about the loss of democratic systems that we see in some nations, not least in the USA. When democracy has finally gone, what remains?

The
STUDIO page this time features a Japanese television report of 16 years ago in which I was interviewed in regard to the so-called “war on terrorism”. Things seem to have only gotten worse since that time where this American-branded “war” is concerned.

Severe problems with the education system here in Japan led me to publish an e-mail newsletter two decades ago about educational alternatives, and that newsletter is being reprinted on the Web for the first time in this edition of
LifeTimes. Head on over to the ESSAYS page for details.

And on the less-serious side of things: What do Thailand, a famous boxer and a right-wing Hollywood actor/director all have in common? Newspaper and magazine articles about them all appear on the
ARCHIVES page this time. Check them out.

Spring is usually a time of renewal, rejuvenation and a returning to life. This spring almost feels like the exact opposite of that — a season of decay, destruction and death. And yet, we know that these global crises are all problems of our own making and could have been prevented at any time along the way.

All of which begs a simple question we all must face in this hour of reckoning: What do we do, now that our own unhealthy chickens (as the old saying goes) have come home to roost?

Credits

 写真:ブライアン・コバート、コバート謙也
 翻訳:吉田由美子

 翻訳/編集:コバート和美
 コンテンツ/デザイン:
 ブライアン・コバート


 Photos: Brian Covert, Kenya Covert
 Translation: Yumiko Yoshida
 Editing: Kazumi Covert
 Website contents & design:
 Brian Covert

Any copyright for material presented in this website lies with the original creator. All outside material in this website is used only for nonprofit educational and informational purposes, in accordance with the doctrines of Fair Use and Fair Dealing.
Stacks Image 2597