情熱と思いやりの道を両立させる

Managing the Tao of Passion and Compassion

Stacks Image 2580
BRIAN COVERT
Kawanishi, Japan
2018年12月22日  冬至

人生において自分自身が本当に追求したいことへの情熱と、他者の苦しみを深く理解し社会問題に関与する思いやりの間の良好なバランスを見つけることは、常に完全な人生をおくる鍵ではないでしょうか。私に限って言えば「成功」への真の秘密は、世界の苦しみに巻き込まれている人々への思いやりのある感覚とともに、自分の中に深く生き続けている情熱的な炎を両立できるようにすることです。

自身の追求に対する情熱と、他者の苦悩に対する思いやりのバランスを取るというこの概念を、
LifeTimesのこの冬号で特集したエッセーで皆さんにお見せします。それほど驚くことではありませんが、南アフリカは顕著な役割を果たしています。

REVIEWSページには、南アフリカの元大統領であった故ネルソン・マンデラの新しい本のレビューを掲載しています。これは、彼が自分の国で人種隔離と経済的搾取のアパルトヘイト体制に立ち向かうために刑務所で過ごした何年もの間に書いた書簡集です。

マンデラは情熱と結婚している人の典型でした。彼は自身の中で燃える炎を持っていましたが、彼の周りの他人の苦難を思いやり、深く理解していました。それは、彼と敵対する人々さえも含んだものでした。

1980年代後半の日本で、私はジャーナリズムの仕事に対して、情熱を持っていただけでなく、南アフリカにおけるアパルトヘイトの問題についての道徳的な良心や声にも共感していました(アパルトヘイトのような差別は、アメリカや日本のような、より文明的と言える国にも存在していました)。世界の法律、医学、芸術、ビジネス、スポーツなどの分野の多くの若手専門家と同様に、当時の南アフリカのアパルトヘイトに対する国際的な怒りに対して自分の声も届けたいと思っていました。

日本の反アパルトヘイト運動の共感について、当時、いくつかの論評などに書きました。今回の
ESSAYSページには、この国で初めて開催された大規模な反アパルトヘイト・コンサートについての最初の記事が掲載されています。日本社会の他の人たちと同じように、私はその問題について私の声をあげ、金銭を稼いだり企業内のキャリアを上げるよりも高い目的と考えていました。

それに関連して、今回の
ARCHIVESページは、1989年に雑誌に掲載された私の記事の新しい日本語翻訳を掲載しています。これは、日本の反アパルトヘイト活動家との質疑応答で、30年の時が過ぎようとしています。掲載された雑誌は京都ジャーナルでしたが、それは現在も発行が続いています。

アパルトヘイトは、1994年に撤廃され、南アフリカ共和国の民主的な政府制度によって歴史のゴミ箱に投棄され、今や制度としては存在していません。しかし、21世紀初頭の今、南アフリカで行われたことが、かつては世界の注目を集め、この現代の奴隷制度が永遠に廃止されることを要求していたことが、現在でも最も重要な問題です。

その頃、情熱と思いやりの
Tao・道(全てにつながる原理原則)が私の中で形を成しました。そこでは、私はジャーナリズムのキャリアを熱心に追求していましたが、世界中の他者の苦しみについても思いやりや共感を持っていました。 それは、より良いことのために 自己を形成する時間でした。そして私は今、その経験を何のためにも取り換えることをしないでしょう。

政治的指導者たちによる、恐怖をあおるあざむきや、世界中で見られる人種差別的なナショナリズムや孤立感が増大するこの時代には、前向きな動きを発信する価値があります。2019年、亥年の新年が、情熱と思いやりの機会を同等に与えられる年となりますように。 我々は、これらの不確実な年を乗り越えて生き残るために、情熱と思いやりの両方を必要とするでしょう。

  • マンデラは情熱と結婚している人の典型でした。彼は自身の中で燃える炎を持っていましたが、彼の周りの他人の苦難を思いやり、深く理解していました。それは、彼と敵対する人々さえも含んだものでした。
  • Mandela was the epitome of someone who marries passion with compassion: He had that burning fire within, but also kept a sense of compassion and understanding of the hardships of others around him — and that included even some of his enemies.

Finding a good balance between what you really want to pursue in life and what moves your moral conscience to speak out and get involved in social matters — that has always seemed to me to be the key to living a full life. Managing the passionate fire you keep alive deep inside yourself along with a compassionate sense of engaging with the world’s suffering outside of you is the true secret to “success” in my book.

This notion of balancing the Tao of Passion and Compassion, as I like to call it, is in full display in the selection of writings featured in this winter edition of
LifeTimes. Not too surprisingly, South Africa plays a prominent role this time around.

On the
REVIEWS page, you’ll find a review of a brand-new book by the late Nelson Mandela, the former president of South Africa. This is a collection of letters he wrote during the many years he spent in prison for daring to stand up against the apartheid system of racial segregation and economic exploitation in his country.

Mandela was the epitome of someone who marries passion with compassion: He had that burning fire within, but also kept a sense of compassion and understanding of the hardships of others around him — and that included even some of his enemies.

The late 1980s in Japan, for me, was a time of being passionate about my work in journalism but also finding my moral conscience and voice about the issue of apartheid in South Africa (and by extension, the apartheid-like conditions of discrimination that also existed in more “civilized” nations like the USA and Japan). Like many young professionals in the fields of law, medicine, art, business, sports and so on around the world, I desperately wanted to add my voice to the growing international outrage against South African apartheid at the time.

That sense of compassion synthesized in a series of essays I wrote as part of the anti-apartheid movement here in Japan. You’ll find one of those early writings on the
ESSAYS page this time, concerning the first major anti-apartheid concert ever held in this country. Like others in Japanese society, I was finding my voice on the issue and using it for what I considered to be a higher purpose than just making money and moving up the corporate career ladder.

And related to that, the
ARCHIVES page this time features a new Japanese translation of my very first article published in a magazine, way back in 1989. This was a Q&A-style interview with a prominent Japanese anti-apartheid activist that still stands the test of time, 30 years on. The magazine was Kyoto Journal, and it is still around today.

Apartheid is long gone now, having been replaced in 1994 and dumped into the dustbins of history by a democratic system of government in South Africa. But in these early years of the 21st century, it is worth remembering that what went on in South Africa was once the most important story of the day, commanding the world’s attention and demanding that this modern-day form of slavery be abolished forever.

It was during that time that the Tao of Passion and Compassion took shape for me in Japan, where I was passionately pursuing a career in journalism but also staying compassionate about the suffering of others out there in the world. It was a time that shaped who I am today — for the better — and I wouldn’t trade that experience now for anything.

So, in these current times of fear-mongering by political leaders and the growing sense of racist nationalism and isolation that we see around the globe, it is worth sending out this positive vibe: May the New Year of 2019, the Year of the Boar, give you lots of chances for passion and compassion in equal measure. We’ll need both to survive these uncertain years ahead.

Credits

 写真:ブライアン・コバート、コバート謙也
 翻訳:吉田由美子

 翻訳/編集:コバート和美
 コンテンツ/デザイン:
 ブライアン・コバート


 Photos: Brian Covert, Kenya Covert
 Translation: Yumiko Yoshida
 Editing: Kazumi Covert
 Website contents & design:
 Brian Covert

Any copyright to be claimed for material presented in this website lies with the original creator. All outside material in this website is used only for nonprofit educational and informational purposes, in accordance with the doctrines of Fair Use and Fair Dealing.