目を背けず、関わるとき

A Time to Engage, Not to Retreat

Stacks Image 2580
BRIAN COVERT
Kawanishi, Japan
2019年12月22日  冬至

あの薄汚い C から始まる、「Corruption」(腐敗)という言葉を毎日のように新聞で目にします。どうやら腐敗が世界の舞台で見事にカムバックを果たし、新世紀の20年を迎えようとする今、政府の首脳や会社の代表、世界中の宗教リーダー、道徳的権威者たちが、揃って欲深く、詐欺や違法な方法で私腹を肥やす同類であるようです。世界で最も政治的な権力を持つとされている米国大統領でさえも、最近の米国議会による弾劾訴追からも分かるように、そのような腐敗の例外ではありません。

状況は国際的にも一般人が絶望するほど悪化の一途をたどっているのでしょうか。まだ改善しようと努力する価値はあるのでしょうか。

これだけの腐敗が、なぜ今一斉に起こっているのかについては、専門家の説明に任せます。私が言えることは、状況を好転させるために闘うことを諦めるときではないということです。たとえ私たちが世界のどこにいようとも。それどころか、今こそ、世界中の全ての人々が互いに協力し、これまで以上に力を尽くす時なのです。目の前に立ちはだかる問題から目を背けることなく、無知や無関心に屈することなく、互いに関わりをもつときなのです。

『ライフ・タイムズ』の今季号では、私が書いたものをいくつか特集しています。それらは、南アフリカと、南アフリカの人々がかつて力を合わせた自由ための闘いについてのものです。
ARCHIVESページでは、日本に拠点をおく南アフリカの詩人とのインタビューを取り上げています。ESSAYSページでは、アパルトヘイトとの闘いについて私が1990年に書いた作品を載せています。この中で私はその憎むべき現代の奴隷制度がとうとう打ち負かされるまで(その数年後に奴隷制度は廃止されました)人々が力を合わせて闘い抜くべきだと訴えています。

もっと最近に行った、南アフリカ音楽界の巨匠、アブドゥラ・イブラヒムのインタビュー記事が
WEB STORIES のリンクページに登場しています。世界に誇るジャズピアニスト、作曲家が武道の達人としての日本の精神的な伝統との個人的な関わりについて話しました。ぜひお読みになって下さい。

また、
ARCHIVESのページには、私が以前に行った、ネイティブ・アメリカンのリーダー、故デニス・バンクスのインタビュー記事の初の日本語訳を載せています。彼は米国においてネイティブ・アメリカンの文化的、政治的地位向上に強く関わった人物としてよく知られています。この数十年、私が書いた多くのインタビュー記事のなかで、私が最も誇れるものです。日本の読者の皆さんにこのインタビューを共有できることは、喜ばしいことです。

REVIEWSページで私が今回取り上げた、文学、音楽、映画のそれぞれの作品の中には共通のメッセージである、力を合わせることの大切さが生き生きと伝えられています。

そして、
STUDIOページでは、ウェブ初登場のラジオトークショーをご紹介しています。これは私が数年前に共同制作したもので、特別ゲストとしてお迎えしたニューヨーク・タイムズ特派員、クリス・ヘッジズ氏を特集したものです。彼は戦争の神話について話してくれました。ヘッジズ氏と電話参加したリスナーたちとの熱のこもった議論を聞いてみてください。彼らは米国政府が新たに宣言した「対テロ戦争」という状況下で、世界の人々との関わり方について議論しています。それは実に感動を覚えるものでした。

今回取り上げた内容は全て、私たちがお互いから、そして私たちが住むこの世界から、目を背けるのではなく、関わりをもつことで、もっと得られるものがあると教えてくれます。今は試練の時かもしれません、しかし、困難な時こそ、私達のさらなる努力が求められるのです。私たちに他の選択肢はありません。歴史が幾度となくこの否定できない事実を示してきました。

『ライフ・タイムズ』の読者の皆さんへ、1年の終わりに向けて、新しい年が関わりと希望に満ちた年となることをお祈りします。

  • 状況は国際的にも一般人が絶望するほど悪化の一途をたどっているのでしょうか。まだ改善しようと努力する価値はあるのでしょうか。
  • Are things really getting worse internationally for the common people, to the point of hopelessness? Is it even worth trying to fight and change things for the better anymore?

That dirty little C-word — “corruption” — seems to be making a big comeback on the world stage, as we witness daily in the news. Governmental heads of state, corporate representatives, and religious and moral leaders around the globe all seem to be feeding from the very same trough of greed, deceit and unlawfulness as this second decade of the new century arrives. Not even the president of the United States, supposedly the most politically powerful person on the planet, is exempt from such corruption, as evidenced by the recent impeachment ruling by the U.S. Congress.

Are things really getting worse internationally for the common people to the point of hopelessness? Is it even worth trying to fight and change things for the better anymore?

I will leave it to the experts to analyze and explain why all of this corruption is happening at this particular point in history. What I can say is: This is not the time for us to give up fighting the good fight of changing things for the better, wherever in the world we may be. Rather,
now is the time for us to engage even more fully than before — with each other, with the rest of the world — instead of giving in to apathy and ignorance, and retreating from the challenges ahead of us.

In this edition of
LifeTimes, we feature a few of my stories related to South Africa and the unwavering fight for freedom that the people there once engaged in. On the ARCHIVES page is an interview I did with a South African poet based in Japan. The ESSAYS page this time presents a piece I wrote back in 1990, encouraging folks to keep on engaging in the fight against apartheid until that odious system of modern-day slavery in South Africa was finally defeated (which it was, just a few years later).

And more recently, an interview I did with South African musical maestro Abdullah Ibrahim appears on the
WEB STORIES link page. The world-renowned jazz pianist and composer spoke to me about his own personal engagement with Japanese spiritual traditions as a master of martial arts. Be sure to check this one out.

Likewise, on the
ARCHIVES page we present the first-ever Japanese translation of an interview I did some years ago with the late Native American leader Dennis Banks, who was best known for actively engaging in the cultural and political upliftment of his people in the United States. Of the many interviews I’ve published over the past few decades, I think this is the one I can be proudest of having done. I’m delighted to be able to share at last this translated version of the interview with our Japanese readers.

On the
REVIEWS page, we find that same spirit of engagement alive and well within the literary, musical and cinematic works that are reviewed this time.

And on the
STUDIO page, making its Web debut for the first time, is the recording of a live radio talk show that I co-produced some years ago featuring New York Times correspondent Chris Hedges as the special guest, speaking about the myths of war. It was on a December evening back in 2003 when this episode was broadcast live to tens of thousands of listeners in northern California in the U.S. Listen to how Hedges and the public callers to the show actively engaged with each other and discussed how to engage with the rest of the world under the newly declared “war on terrorism” by the U.S. government. Truly inspirational.

All of which just goes to prove that there is more to be gained when we engage, not retreat, from each other and the world we live in. The times may be trying, yes, but trying times simply require us to try even harder than before. We have no other choice. History has shown us this undeniable truth time and time again.

Best wishes to all
LifeTimes readers for the end of yet another year — and for an engaging and hopeful New Year ahead.

Credits

 写真:ブライアン・コバート、コバート謙也
 翻訳:吉田由美子

 翻訳/編集:コバート和美
 コンテンツ/デザイン:
 ブライアン・コバート


 Photos: Brian Covert, Kenya Covert
 Translation: Yumiko Yoshida
 Editing: Kazumi Covert
 Website contents & design:
 Brian Covert

Any copyright for material presented in this website lies with the original creator. All outside material in this website is used only for nonprofit educational and informational purposes, in accordance with the doctrines of Fair Use and Fair Dealing.
Stacks Image 2597