生きていれば希望もある

Where There is Life, There is Hope

Stacks Image 2580
BRIAN COVERT
Kawanishi, Japan
2022年3月21日  春分

読者の皆様、『ライフ・タイムズ』の15周年記念特別号にようこそ。

このウェブサイトを2007年の春に始めた時には、基本的に私の日本の旅についてのブログサイトでありフォトギャラリーだった。年月が経つにつれて、私の過去や現在の執筆を発表する場と変化し、成長してきた。

もし、この記念号に共通のテーマがあるとすれば、それは希望だと言えるだろう。今日の世界の状況を見てみると、希望が依然として見えてこないようである。『ライフ・タイムズ』の今月号では、少しでも希望を与えることが出来ることを願い、私なりに取り組んでいる。

今回の
ARCHIVESページでは、私が以前に日本の社会活動家であるアイリーン・美緒子・スミスについて書いた記事を取り上げている。彼女は日本と世界の持続可能な未来のためにもう何十年もの間、果敢に闘ってきた。そして皆が十分に力を合わせれば、状況を良い方向に変えることが出来るという希望を私たちに与えてくれている。

欲と腐敗にまみれた資本主義の世の中で、誠実で立派な仕事を続けてきたいくつかの非営利団体がある。今回の
ESSAYSページでは彼らの働きに焦点を当てる。社会の人々のために懸命に働き続けているこれらの団体に敬意を払いたい。

REVIEWSページでは、文芸の分野で私たちに希望を失わない理由を与えてくれる二人の若い詩人にスポットライトをあてたい。そのうちの一人は現アメリカ合衆国大統領の就任式で感動的な朗読を行った。ビジュアルメディアでは、数十年前の、多くの人々の喜びと希望に満ちた人生の詰まった、長く忘れられていたフェスティバルに関するドキュメンタリー映画を取り上げている。

このような時代において、落ち込んだり、将来について悲観的になるのはたやすい。しかし、よく考えてみれば、私たちの中に未来への輝く希望の光を見いだせる理由が見えてくる。ことわざにもあるように「生きていれば希望もある」。そしてこのような考え方は今日ほど真実味を帯びてきたことはない。

皆様に幸せな春が訪れますように。そして、長年にわたり皆様から好意的なご意見を賜り、そのおかげでこのウェブサイトが進化してきたことに感謝いたします。これからの15年も希望を胸に皆様と『ライフ・タイムズ』を通じて歩んでいくことを楽しみにしています。

  • もし、この記念号に共通のテーマがあるとすれば、それは希望だと言えるだろう。今日の世界の状況を見てみると、希望が依然として見えてこないようである。『ライフ・タイムズ』の今月号では、少しでも希望を与えることが出来ることを願い、私なりに取り組んでいる。
  • If there is a common theme running throughout this celebratory edition, it is Hope. When we look at the world situation today, it often seems that hope remains in short supply. This edition of LifeTimes hopefully helps remedy that imbalance in its own humble way.

Welcome, readers, to a very special edition of LifeTimes — our 15th anniversary issue.

The earliest incarnation of this website in spring 2007 was basically a blog site and some photo galleries of my travels around Japan. Over the years, the site grew and became an outlet for featuring all of my writings, past and present. That is where we are today.

If there is a common theme running throughout this celebratory edition, it is
Hope. When we look at the world situation today, it often seems that hope remains in short supply. This edition of LifeTimes, in its own humble way, hopefully helps remedy that imbalance.

The
ARCHIVES page this time features a few of my past media articles about a social activist here in Japan, Aileen Mioko Smith, who has been fighting the good fight for a sustainable future for Japan and the world for many decades now. She gives us hope that, yes, we can change things for the better if we are committed enough.

The honest, good work of nonprofit organizations in the midst of capitalistic greed and graft is the focus of an essay on the
ESSAYS page this time. Hats off to all those groups of people who continue to care deeply about others in society.

And on the
REVIEWS page, we spotlight two young poets who give us good reason to keep hope alive in the field of literature and writing. One of these young poets even gave a moving recital during the inauguration of the current United States president. As for visual media, we review a documentary film that tells the inspiring story of a long-forgotten festival that filled a lot of people’s lives with joy and hope some decades ago.

In times like these, it is easy to get depressed and become cynical about tomorrow. But taking a closer look, we also see good reasons to keep a ray of hope shining within us for the future. There is an old saying that “Where there’s life, there’s hope,” and that notion has never been truer than it is today.

Happy spring to all, and we thank you for the positive feedback over the years that you have shared with us about this website and how it has evolved. We look forward with much hope to the next 15 years of sharing
LifeTimes with the people.

Credits

 写真:ブライアン・コバート、コバート謙也
 翻訳:吉田由美子

 翻訳/編集:コバート和美
 コンテンツ/デザイン:
 ブライアン・コバート


 Photos: Brian Covert, Kenya Covert
 Translation: Yumiko Yoshida
 Editing: Kazumi Covert
 Website contents & design:
 Brian Covert

Any copyright for material presented in this website lies with the original creator. No copyright infringement is intended. All outside material in this website is used only for nonprofit educational and informational purposes, in accordance with the doctrines of Fair Use and Fair Dealing.
Stacks Image 2597