世界人権宣言75周年を祝う

Celebrating 75 Years of Human Rights for All

Stacks Image 2580
BRIAN COVERT
Kawanishi, Japan
2023年12月22日 冬至
極端な気候変動に、暴力とネオファシズムの台頭、これらは世界が抱える2つの大きな戦いである。そして、今日私たちが直面している数多くの世界的危機のほんの一部に過ぎない。

しかし、国際情勢がどれほど悲惨なものであろうと、
世界人権宣言の成立という人類の偉業が75周年を迎えたことも忘れてはならない。

世界中の人々の権利と自由を明記したこの宣言は、1948年12月10日、世界の圧倒的多数の国々によって国連で採択された。それは、第二次世界大戦として知られる血なまぐさい破壊的な紛争が終結してわずか3年後のことだった。

これらの権利と自由は、75年経った今日でも、地球上のすべての住民に保証されている。しかし、人類が地球上のすべての生命を滅ぼすどころか、自滅の危機に瀕している今、これらの権利に果たしてどのような意味があるのだろうか。

少なくとも、私たちや、これから生まれてくる世代が生きていくにあたって、この宣言を本当に意味あるものにするために、私たちにはやるべきことが沢山あるということだ。この宣言は、文字通り、生と死の分かれ目なのだ。

この『ライフ・タイムズ』冬号では、不安定な世界に生きる我々の目標や功績を称える様々な作品を、過度に政治的な内容にならないように配慮しつつ特集している。

毎年2月に公式に祝われる「黒人歴史月間」に先駆けて、今回は
REVIEWSARCHIVESのページで、芸術と政治における黒人の業績を特別に取り上げている。

また、冷戦時代の経済的・政治的緊張の一端を
ARCHIVESページで紹介し、ユーモアを交えながら、誰もが「大好き」な税金問題をESSAYSページで紹介している。

旧年を振り返り、新年の到来を祝うとき、私たちは人類が直面する激変の数々を思い起こす。しかし、基本的人権が私たちをひとつに結びつける世界に、私たちは今も生きていることを忘れてはならない。人権は依然として重要である。この尊い真実を思い起こすことが、自らの招いた苦悩を克服するための鍵となるだろう。
  • これらの権利と自由は、75年経った今日でも、地球上のすべての住民に保証されている。しかし、人類が地球上のすべての生命を滅ぼすどころか、自滅の危機に瀕している今、これらの権利に果たしてどのような意味があるのだろうか。
  • Those rights and freedoms are still guaranteed for all inhabitants of the Earth today, 75 years on. What do those rights really mean, though, when the human race stands on the verge of destroying itself, not to mention destroying all life on Earth?
Two major wars in the world, extreme climate change, violence and neo-fascist movements on the rise — these are just a few of the many global crises we face today.

But as distressing and dire as the situation looks internationally, it is worth remembering that a milestone in human achievement has recently reached its 75th anniversary: the passing of the
Universal Declaration of Human Rights.

This declaration, enshrining the rights and freedoms of people everywhere, was adopted at the United Nations by the overwhelming majority of countries of the world on 10 December 1948, just three years after the end of the bloody and destructive conflict known as World War II.

Those rights and freedoms are still guaranteed for all inhabitants of the Earth today, 75 years on. What do those rights really mean, though, when the human race stands on the verge of destroying itself, not to mention destroying all life on Earth?

It means, at the very least, that we all have a lot of work ahead of us in making sure the declaration truly has meaning in our lives and in the lives of generations yet to come. This declaration means the difference, literally, between life and death.

This new winter edition of
LifeTimes features a grab bag of items that, while not overly political in nature, nevertheless honors our goals and achievements in an unstable world.

We get an early jump on Black History Month, officially celebrated every February, on the
REVIEWS and ARCHIVES pages this time with special recognition of Black achievement in the arts and in politics.

Some of the economic and political tensions of the Cold War period also come up on the
ARCHIVES page, while a humorous look at everybody’s “favorite” problem — taxes — is carried on the ESSAYS page.

As we wind down the old year yet again and celebrate the arrival of the new year, we are reminded of the countless upheavals confronting humanity. But we would also do well to remember that we still live in a world where fundamental human rights bind us together as one. Human rights still matter, and in reminding ourselves of this precious truth we can find the very key to overcoming the self-inflicted afflictions that plague us all.
WHAT’S NEW
Subtitle

Credits

 写真:ブライアン・コバート、コバート謙也
 翻訳:吉田由美子

 翻訳/編集:コバート和美
 コンテンツ/デザイン:
 ブライアン・コバート


 Photos: Brian Covert, Kenya Covert
 Translation: Yumiko Yoshida
 Editing: Kazumi Covert
 Website contents & design:
 Brian Covert

Any copyright for material presented in this website lies with the original creator. No copyright infringement is intended. All outside material in this website is used only for nonprofit educational and informational purposes, in accordance with the doctrines of Fair Use and Fair Dealing.