私たちを不安にさせる時

The Unsettling Time Upon Us

Stacks Image 2580
BRIAN COVERT
Kawanishi, Japan
2019年3月21日  春分

春という季節にはいつも自然が生まれ変わり、活性化し、長く続いた寒い冬は期待通り終わるのだと安心させてくれます。そして、やがて訪れる、燃えるような夏の日々に備えさせてくれるのです。春はまた人間の心を開放させるシンボルでもあり、たいていの人々が恋をしていると考えがちな季節でもあります。

しかし、そのような日々はどうやら急速に消えていっているようです。春の到来はいまや悪い出来事の前触れとなり、その原因は人為的気候変動にあります。

現在では、春になると、干ばつ、鉄砲水、山火事、溶けつつある氷河、消えゆく森林、崩壊しつつある沿岸生態系といった現象を目にするようになっています。日ごと、悪いニュースが増え、それは自然だけではなく、家のない「環境難民」が増え続けています。このような時代に苦しむ他人に対して、人間の心も頑固になり、より閉ざしていっているようにすら思えます。

私が常に好んで使い、行動の指針としているのは「一つの地球、一つの家族」という表現です。この表現によって、私は全ての命がとても大切であり、互いに関係し合い、そして、より大きな全体の一部であるということを思い出すのです。私たち人間がこの地球上の他のどの生き物よりも特別な存在なわけではありません(しかし、私たちは確実に他のどの生き物よりも破壊的な存在です)。同様に、他の誰よりも重要な人間も存在しません。全てが一つの家族であり、母なる大地は私たちの共通の家なのです。

この『ライフ・タイムズ』の春号でも分かるように、互いの結び付きがまさに世界を動かしているのです。
REVIEWSページでは、こういった結び付きや、元々備わっているそれを壊す危険性の全てをお伝えしています。名高い仏教僧、ティク・ナット・ハンが活字で、音楽家のフェミ・クティが音楽という国際語で、そして映画制作者のスパイク・リーが映像でそれらを紹介しています。
貿易摩擦と日米間の不仲が1980年代の重大なニュースの一つで、私はその頃、そのニュース報道の最前線で働いていました。
ARCHIVESページで、その内容がご覧頂けます。

1990年代、日本にホームスクーリング(家庭教育)の第一波が訪れ、その波に乗る両親が増えました。教育と学習は世界や人との結び付きの上に成り立っています。ホームスクーリングの第一波を受けて、私はこの結び付きについて掘り下げました。その詳細は
ESSAYSページでご覧下さい。

最後に『ライフ・タイムズ』で「
STUDIO スタジオ」という新たなページをご紹介出来る事をうれしく思っています。この「スタジオ」では、私が近年ラジオやテレビなどのメディアにゲストとして招かれた番組を視聴していただけるページです。これからも増やしていきますので、引き続きチェックしてみてください。

『ライフ・タイムズ』のこの号では、コンテンツの他にも、デザインや見た目を少し変更していることに気づかれるでしょう。時には改造させてデザイン的に何か違ったものにするのもよいでしょう。あなたの視覚に訴える、新しい形姿に気づかれることを期待しています。

春は元気づけてくれる季節から不安な季節へと変わってしまったのかもしれませんが、私達次第で、その危機的な状況は近い将来変わるでしょう。専門家たちが常に私たちに伝えているように、チャンスの窓は素早く閉じてしまうようです。ですから時間は最も重要であり、それに加えて、互いの、そして全体としての結び付きが大いに重要な意味を持っているのです。

「一つの地球、一つの家族」。『ライフ・タイムズ』の最新号をお楽しみ下さい。

  • 私が常に好んで使い、行動の指針としているのは「一つの地球、一つの家族」という表現です。この表現によって、私は全ての命がとても大切であり、互いに関係し合い、そして、より大きな全体の一部であるということを思い出すのです。私たち人間がこの地球上の他のどの生き物よりも特別な存在なわけではありません(しかし、私たちは確実に他のどの生き物よりも破壊的な存在です)。
  • An expression I always like to use, and try to live by, is: “One Earth, One Family”. This reminds me that all life is a vital, interconnected part of a greater whole. We humans are no more special than any other living creature on the planet (though we certainly are the most destructive species of all).

The season of spring has always been a period of rebirth, renewal and rejuvenation in nature, a reassuring time of year that we could always count on to break the frigid spell of winter and prepare us for the blazing days of summer to come. Spring has also symbolized the opening up of the human heart, the season we tend to equate most with falling in love.

Those days, it would seem, are disappearing fast. The arrival of spring now serves as a harbinger of bad things to come. Human-caused climate change is seeing to that.

Droughts, flash floods, wildfires, melting glaciers, dying forests, crumbling coastal ecosystems — these are what we are more likely to see in spring now. The news gets worse by the day, and not just for nature, as the ever-rising numbers of homeless “climate refugees” show us. The human heart itself even seems to be hardening and becoming more closed to the suffering of others in these times.

An expression I always like to use, and try to live by, is: “One Earth, One Family”. This reminds me that all life is a vital, interconnected part of a greater whole. We humans are no more special than any other living creature on the planet (though we certainly are the most destructive species of all). Likewise, none us are any more important than any other person. Everything belongs to one single family, and Mother Earth is our common home.

Interconnection is literally what makes the world go ’round, as we see in this Spring edition of
LifeTimes.

On the
REVIEWS page, those connections — and the inherent dangers of breaking them — are on full display in works by renowned Buddhist monk Thich Nhat Hanh in the printed word, by musician Femi Kuti in the international language of music, and by filmmaker Spike Lee through images projected on the movie screen.

Trade friction and disconnection between Japan and the USA was one of the top news stories of the day back in the 1980s, and I was working on the frontlines of that news coverage back then, as you’ll find on the
ARCHIVES page.

Interconnection as a key part of education and learning was also something I delved into as part of the first wave of homeschooling parents in Japan back in the 1990s. Check out the
ESSAYS page for details.

And lastly, we are also excited about introducing you to a brand-new page of
LifeTimes. This is the STUDIO page, an audio-visual room of sorts for listening to and viewing a few guest appearances I have made in the broadcast media in recent years — namely in radio and television. This page is a work in progress, so be sure to keep checking back.

Aside from the content, you’ll also notice a few changes in the design and appearance of
LifeTimes this edition. I find it’s good to occasionally shake things up a bit and try something different, design-wise, and we hope you find the new look appealing to the eye.

Spring may have gone from being a reassuring time of year to becoming an unsettling time of year, but it will be up to all of us to turn that critical situation around in the months and years ahead. The window of opportunity seems to be closing quickly, as the experts constantly remind us, and time is of the utmost essence — time, plus the interconnectedness between and among us all.

One Earth, One Family. Enjoy this edition of
LifeTimes.

Credits

 写真:ブライアン・コバート、コバート謙也
 翻訳:吉田由美子

 翻訳/編集:コバート和美
 コンテンツ/デザイン:
 ブライアン・コバート


 Photos: Brian Covert, Kenya Covert
 Translation: Yumiko Yoshida
 Editing: Kazumi Covert
 Website contents & design:
 Brian Covert

Any copyright to be claimed for material presented in this website lies with the original creator. All outside material in this website is used only for nonprofit educational and informational purposes, in accordance with the doctrines of Fair Use and Fair Dealing.