戦争体験者の言葉

From the Mouth of a Survivor

Stacks Image 2580
BRIAN COVERT
Kawanishi, Japan
2019年6月22日  夏至

戦争を体験し、かろうじて生き延びた人の話を、もっと多くの人々が直接聞くことができたら、この世から戦争がはるかに少なくなるだろうと思います。

私は京都のある大学でジャーナリズムのクラス(「アメリカの戦争とメディア」)を受け持っており、ここ13年間、毎年そのクラスに戦争体験者を招き、彼らの体験談を学生たちに話してもらっています。彼らは民間人であったり、元軍人であったり、またその戦地は第二次世界大戦、ベトナム戦争、イラク戦争と様々ですが、彼らが語る強烈な真実は、聞く者たちの心を強く揺り動かすものでした。

今年もまた、この特別ゲストが私の授業に来てくれました。その方は1945年8月6日の米国による広島原爆投下を体験しました。このゲストスピーカーの講演を、NHKを含めメディアが報じました。

今回の
ESSAYSページでは、2007年に私が授業に招き、学生たちに話しをしてくれた別のゲストスピーカーについて、最近書いたものを取り上げています。彼はアレン・ネルソン氏で、1960年~1970年代のベトナム戦争の際、若い海兵隊員でした。今年は彼が亡くなって10年になります。彼は生前、日本の多くの人々に戦争の真実と世界平和への活動の必要性を熱心に語りました。彼が語ったその真実と熱い思いは、何年も経った今もまだはっきりと私たちの心に鳴り響いています。
今回の
REVIEWSページでは別のベトナム退役軍人である、S・ブライアン・ウィルソンの著書を取り上げています。彼は権力者にも臆さずに真実を伝えることができる人物です。私にとって、かつて米国でウィルソンや他のベトナム退役軍人から、不正な戦争について直接に体験談を聞いたことは強烈な体験でした。日本で、他の戦争体験者を招き、私のクラスの学生たちに話しをしてもらうことになったのは、その体験がきっかけでした。

「あなたを戦争に行かせようとする政府に騙されてはいけない」––––これは
あるゲストスピーカーが私の学生たちに残したメッセージです。彼は2017年と2018年に私のクラスで講義をしてくれた日本の退役軍人です。昨年97歳で亡くなる数ヶ月前に私の学生たちに話しをしてくれたばかりでした。彼は命が尽きる最後の最後まで情熱的に戦争の真実について語りました。彼が聴衆に与えたその真実の力は今後も生き続けます。

世界中でさらなる戦争が勃発しつつあるこの時代において、地球上の多くの人々に向けて戦争の真実が長く語りつづけられ、また耳が傾けられることを切に願うばかりです。そのような真実の中にある潜在的な力は否定されるはずはありません。そして、もし私たちが熱心に耳を傾け、しっかりと学ぼうとするなら、この真実の力はこれから私たちをより良い方向に導いてさえくれるかもしれません。

  • 彼は生前、日本の多くの人々に戦争の真実と世界平和への活動の必要性を熱心に語りました。彼が語ったその真実と熱い思いは、何年も経った今もまだはっきりと私たちの心に鳴り響いています。
  • The truth about war and the need to actively work for peace in the world, which he spoke so fervently about to so many people in Japan, still rings loud and clear like a bell all these years later.

If more people could listen to stories of war directly from a person who has experienced it firsthand and was lucky enough to survive, there would be far fewer wars in this world. I am convinced of that.

Every year for the past 13 years, in a journalism class (“American Wars and the Media”) that I teach at a university in Kyoto, I have made a point of inviting a survivor of war somewhere in the world to come and speak to students about his/her experiences in war. Whether the survivor was a civilian or former military member, and whether it was World War II, the Vietnam war or the Iraq war that they spoke about, their powerful truth never failed to deeply move the audience.

This happened again this year with the special guest speaker in my class, who had survived the United States bombing of Hiroshima on 6 August 1945. Among the Japanese news media coverage of this guest speaker was a report by NHK, Japan’s public broadcaster.

On the
ESSAYS page this time, we feature a piece I recently wrote about another guest speaker I had invited to come and speak to my students, back in 2007: Mr. Allen Nelson, a young U.S. Marine during the American war in Vietnam in the 1960s and 1970s. This year marks 10 years since Mr. Nelson’s death. The truth about war and the need to actively work for peace in the world, which he spoke so fervently about to so many people in Japan, still rings loud and clear like a bell all these years later.

The
REVIEWS page in this edition features a review of a book written by another U.S. Vietnam war veteran who speaks truth to power, S. Brian Willson. For me, it was the powerful experience of hearing firsthand accounts about that evil war directly from Willson and other Vietnam war veterans some years ago in the U.S. that later inspired me to invite other war survivors to speak to my university students here in Japan.

“Don’t let the government fool you into going to war” — this was the message to my students of
a guest speaker, a Japanese military veteran, who I invited to give a lecture to my class in 2017 and 2018. He passed away last year at age 97, just a few months after speaking to my students. He passionately spoke of the reality of war right up to the end of his life, and the power of the truth he imparted to his audiences continues to live on.

At a time when it seems that outbreaks of war are rising in the world, my earnest wish is this: Long may the reality of war be told to, and listened by, the majority of people on this planet. The power inherent in such truth cannot be denied — and it could even guide us in a better direction in the future, if we dare to listen closely enough and learn.

Credits

 写真:ブライアン・コバート、コバート謙也
 翻訳:吉田由美子

 翻訳/編集:コバート和美
 コンテンツ/デザイン:
 ブライアン・コバート


 Photos: Brian Covert, Kenya Covert
 Translation: Yumiko Yoshida
 Editing: Kazumi Covert
 Website contents & design:
 Brian Covert

Any copyright to be claimed for material presented in this website lies with the original creator. All outside material in this website is used only for nonprofit educational and informational purposes, in accordance with the doctrines of Fair Use and Fair Dealing.
Stacks Image 2597