生きており、息をしている力としての歴史

History as a Living, Breathing Force

Stacks Image 2580
BRIAN COVERT
Kawanishi, Japan
2022年6月21日  夏至

冷戦が記憶に残っている者にとって1990年代初頭の冷戦の終結は世界の平和と安定の新しい時代の先駆けとなるはずだった。

今日もなお、ロシアによるウクライナの壊滅的な侵攻が日増しに激しさを増し、国際社会の生活を脅かし、私たちは今まさに核戦争寸前の脅威にさらされている。

今回のことで一つ分かったことは、歴史は安定していて動かないものでは決してないということだ。それは文字通り、分刻みで良いようにも、悪いようにも変化している。今日のニュースが明日の歴史教科書の一章になることはよくあることである。

『ライフ・タイムズ』の夏号では、生きた歴史は世界中の一般の人々によって作り出されているのだということに改めて着目している。今回の
ARCHIVESページでは、ロシアが今よりも好意的に見られていた数十年前に、私が書いた冷戦に関する新聞記事を紹介したい。

ARCHIVESESSAYSのページで、過去の日本における人種的ステレオタイプについての話をいくつか取り上げているが、特にESSAYSページの話は私の心に深く残っている。

特に女性の権利に関連する歴史を守り保護するための価値についてが、今回の
BLOGページのトピックです。

また、REVIEWSページでは、自分たちを定義するのに受け身的に歴史(男たちの歴史)に身を任せるのではなく、自分たち自身で積極的に女たちの歴史を作ってきた作家、音楽家、映画監督そしてジャーナリストにスポットライトを当てる。

結局歴史というものは、機械や金といった無機質なものではなく、人によってつくられるのである。この危険に満ちた現時点で、より良い明日のために、それぞれの方法で、我々一人ひとりが、歴史という活力ある力を正しい道徳的な方向へ導く力を持っている。

  • 今回のことで一つ分かったことは、歴史は安定していて動かないものでは決してないということだ。それは文字通り、分刻みで良いようにも、悪いようにも変化している。今日のニュースが明日の歴史教科書の一章になることはよくあることである。
  • If this all has taught us one thing, it is that history is never staid and motionless. It literally changes by the minute, for better or worse. Today’s news event often becomes tomorrow’s history textbook chapter.

For those of us old enough to remember, the end of the global Cold War in the early 1990s was supposed to usher in a new era of peace and stability in the world.

And yet today, just as back then, we find ourselves standing at the brink of possible nuclear war as Russia’s catastrophic invasion of Ukraine worsens by the day and threatens the well-being of the international community of nations.

If this all has taught us one thing, it is that history is never staid and motionless. It literally changes by the minute, for better or worse. Today’s news event often becomes tomorrow’s history textbook chapter.

This summer edition of
LifeTimes recognizes that notion of a living, breathing history made by the average, everyday people of the world. The ARCHIVES page this time includes a few Cold War-related newspaper stories I reported decades ago, back when Russia was viewed in a more positive light than it is now.

Racial stereotyping in Japan in the past is the subject of a couple of stories featured on both the
ARCHIVES and ESSAYS pages, with the latter one holding a special place in my heart.

The cost of defending and protecting history, especially as it pertains to women’s rights, is the topic of the
BLOG page this time.

And on the
REVIEWS page, we shine the spotlight on a writer, musician, filmmaker and journalists who have been actively making their own history as women — insteading of passively waiting around for history (his + story) to define them.

After all, history is made by people, not inanimate things like machines and money. At this perilous moment in time, each one of us has the power to guide the vibrant force of history in the right moral direction in our own individual ways for a better tomorrow.

Credits

 写真:ブライアン・コバート、コバート謙也
 翻訳:吉田由美子

 翻訳/編集:コバート和美
 コンテンツ/デザイン:
 ブライアン・コバート


 Photos: Brian Covert, Kenya Covert
 Translation: Yumiko Yoshida
 Editing: Kazumi Covert
 Website contents & design:
 Brian Covert

Any copyright for material presented in this website lies with the original creator. No copyright infringement is intended. All outside material in this website is used only for nonprofit educational and informational purposes, in accordance with the doctrines of Fair Use and Fair Dealing.
Stacks Image 2597