沈黙のガラスの壁を打ち砕く

Shattering the Glass Wall of Silence

Stacks Image 2580
BRIAN COVERT
Kawanishi, Japan
2021年9月23日  秋分

この1年のコロナウイルスの世界的大流行からわかったことは、大流行のずっと前から存在していた社会問題は消滅したどころか、実際のところ、世界各国で実施されたロックダウンやソーシャルディタンスの状況下で、さらに様々な形で悪化しているということだ。

女性への虐待ほど、その傾向が顕著なものはない。パンデミックの間、家庭、職場、病院、学校など、社会のあらゆる場所で女性に対する暴力が増加している。パンデミックが原因で暴力が発生したのではなく、このような状況下で既存の問題が浮かび上がってきただけである。

その一方で、女性たちがあえて声を上げ、虐待に、そして相手が誰であろうとその加害者に立ち向かうケースも見られるようになってきた。そうすることで、長い間、虐待を取り巻いていた沈黙とタブーのガラスの壁を打ち破っているのだ。

今季号の『ライフ・タイムズ』では加害者に立ち向かい、すべての女性の力と尊厳を確かなものにするために、あらゆる場所で立ち上がって声を上げた女性たちに焦点を当てている。

BLOGページでは、詩人であり活動家でもある一人の日系アメリカ人に敬意を表している。彼女は祖国(アメリカ)や家族の男性から虐待を受けていたにもかかわらず、自分の痛みを訴え、社会の中で最も虐げられている人たちに寄り添い、愛と癒しを与えてきた。彼女は自分の街やその周辺地域で大変愛されてきたが、残念ながら最近この世を去った。

今回の
REVIEWSページでは、上司や家族、さらには企業や政府からの虐待に立ち向かっている各国の女性たちに焦点を当てている。

ARCHIVESページでは、日本における女性への虐待について、そして、それが当時どのように報道されていたのかについて、過去の記事を掘り起こし掲載している。諺にもあるように、物事はどんどん変わるように見えるが、本質はなかなか変わらないものなのだ。

時として虐待を食い止め、根深い問題に世間の注目を集める唯一の方法は、真実という重い石を拾い上げ、問題を取り巻く沈黙のガラスの壁に投げつけ、打ち砕き、その問題を社会にに晒すことだ。そうしなければ、このような問題に取り組むことは出来ないだろう。

コロナウイルスが終息して過去のものになっても、女性の虐待問題がなくなるわけではない。問題は依然として残り、多くの人が虐待の存在を否定するだろう。しかし、一つだけ確かなことがある。虐待について黙っているという選択肢はないということだ。今も、そしてこれからも。
___________________________________________________

  • 時として虐待を食い止め、根深い問題に世間の注目を集める唯一の方法は、真実という重い石を拾い上げ、問題を取り巻く沈黙のガラスの壁に投げつけ、打ち砕き、その問題を社会にに晒すことだ。
  • Sometimes the only way to effectively stop abuse and call public attention to a deep-rooted problem is to literally pick up a heavy stone — the stone of truth — and hurl it right into the glass wall of silence that often surrounds such issues, shattering the wall into pieces and exposing the problem for all to see.

If there’s one thing the ongoing coronavirus pandemic has shown us over the past year, it is that old social problems that existed way before the outset of the pandemic have not disappeared — indeed, in many ways, such problems have only gotten worse under the various lockdown and social-distancing conditions enacted in countries around the world.

Nowhere is that more apparent than in the abuse of women. During the pandemic, we have seen increased cases of violence against women everywhere in society, be it in the home, in the workplace, in hospitals, in schools, wherever. The pandemic alone didn’t cause that abuse — it has only shone a spotlight on the existing problem.

At the same time, we have also seen cases of women daring to speak up and confront the abuse and their abusers themselves, whoever they may be. In doing so, they are effectively shattering the glass wall of silence and taboo that has long surrounded such abuse.

This issue of LifeTimes includes a special focus on women who have stood up and spoken out, as they confronted their abusers and affirmed the power and dignity of all women, everywhere.

On the
BLOG page, we pay tribute to one Japanese-American poet-activist who, abused by her country (the United States) and her own male family members, rose up and named her pain and aligned herself with the most downtrodden ones in society, offering love and healing. She recently departed this Earth as a much-loved figure in her city and beyond.

The
REVIEWS page this time is devoted solely to women in various countries who are standing up to abuse at the hands of bosses, family members or even corporations and governments.

And in the
ARCHIVES, we dig up a couple of old stories from the past regarding abuse of women specifically here in Japan and how it was reported on at the time. The more things change, as the old saying goes, the more they stay the same.

Sometimes the only way to effectively stop abuse and call public attention to a deep-rooted problem is to literally pick up a heavy stone — the stone of truth — and hurl it right into the glass wall of silence that often surrounds such issues, shattering the wall into pieces and exposing the problem for all to see. Then, the problem can be dealt with.

We don’t expect such women’s abuse issues to go away once the coronavirus is all over and has become a thing of the past. The problem will still remain, and so will the denial in many quarters that the abuse even exists. But one thing is certain: Staying silent about the abuse is not an option. Not now, not ever.
___________________________________________________

Credits

 写真:ブライアン・コバート、コバート謙也
 翻訳:吉田由美子

 翻訳/編集:コバート和美
 コンテンツ/デザイン:
 ブライアン・コバート


 Photos: Brian Covert, Kenya Covert
 Translation: Yumiko Yoshida
 Editing: Kazumi Covert
 Website contents & design:
 Brian Covert

Any copyright for material presented in this website lies with the original creator. No copyright infringement is intended. All outside material in this website is used only for nonprofit educational and informational purposes, in accordance with the doctrines of Fair Use and Fair Dealing.
Stacks Image 2597